体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『アウトレイジ 最終章』北野武&大森南朋インタビュー「不条理な話はエンターテイメントとして面白いんだよね」

%e2%98%86dsc_0046

北野武監督18作目となる最新作『アウトレイジ 最終章』が、10月7日(土)より全国公開となります。本作で、監督を務めながら主人公・大友を演じた北野武さん。そして、今回シリーズ初登場ながら大友を慕い行動を共にする市川を大森南朋さんが演じます。

インタビューでは「ヤクザの不条理さはサラリーマンにも共通している」など数々の名言が飛び出しました。

%e2%98%86dsc_0029

――本作、最終章ということでシリーズのファンとしては寂しくもありますが、見事な終わり方で感動してしまいました。監督はどの様にこの物語を終わらせようと思いましたか?

北野武:(日本最大の暴力団組織となった)花菱会に元証券マンの“現代ヤクザ”が組長として入ってきて、周りの叩き上げのヤクザはイライラ。そこから対立が生まれていくという話。同時に、大友は(日本と韓国に強大な影響力を持つフィクサーである)張会長にお世話になった恩義があって「絶対恩返しをしなくてはいけない」という古いタイプのヤクザで。でも、張会長のためにやっていることが「かえって迷惑」って言われて、こりゃまた失礼しました、って(笑)。日本の花菱会と、韓国の張グループが海をまたいで対立してるとこに、花菱会の内部で権力闘争も起きて、そこへさらにコッテコテの古いヤクザである大友が戻って来ちゃってめちゃくちゃになる話だね。

――大森さんは初めての「アウトレイジ」シリーズに参加でいかがでしたか?

大森:もう、すごく憧れだったので本当に呼んでいただけたことが嬉しくて、最高の気持ちで現場入りしました。現場はすごく緊張感があったんですけど、市川は大友を慕っているので僕も武さんとずっと近くにいて。そんな役をいただけて光栄でした。

dsc_0025

――監督から見た大森さんの魅力はどんなところでしょうか?

北野:大森君とはその前に2本やっていて、ちょい役なんだけど、うまいな器用だなって思ってた。そのあと他の作品で主役やってるのを見て、(大森さんは)なんでも出来るわって。西田敏行さんとか塩見三省さんとかが存在感を醸し出している中に大森さんが入ると、その中では若手という感じになるんだけど、でも全然負けてませんでしたね。このシリーズの現場って役者さんがテンション上がりがちで、津田(寛治)さんなんかテンション上がりすぎちゃって「もっと抑えて」って。そんな役者同士の勝負の場でも(大森さんは)すごく存在感があって。

――大森さんは柔らかな笑顔のシーンが多くて。でもマシンガンぶっぱなしてるシーンもあって、そのギャップも面白いですよね。

大森:市川はチンピラで、ヤクザでは無いというイメージが僕の中ではあったので。そんな市川にとって大友はヒーロー的な存在なので、済州島で色々な話を聞いて、学んで、慕って、日本にまでついていくという。それで、日本にきたらもう(死ぬ)覚悟は出来ているから大暴れしてって。そう演じていました。

北野:市川はヤクザではないんだけど、日本語も韓国語も出来て、大友と雑談している時が一番楽しいっていうキャラクターで。マシンガンのシーンは最初は大友1人で乗り込もうと思っていたんだけど、さすがにそれは勝てないだろうって。出来上がった映画を試写室で観たら、最後のシーンで市川が笑顔を見せるんだけど、笑っているけど悲しい、良いシーンだなって思いましたね。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会