体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

サイバー世界が舞台のリアルタイムシミュレーション『Transer & Buster』体験版公開 ほか ~今週のフリゲ・インディーゲームトピックス

本コーナーでは筆者や編集部がピックアップした、ここ1週間のフリーゲームやインディーゲームの話題を毎週土曜日にお届けします。今週の話題はシミュレーションゲームの体験版やベータ版の公開など11本です。

Transmit、戦略型リアルタイムシミュレーション『Transer & Buster』体験版第1弾公開
trabus-1 trabus-2 trabus-3 trabus-4

同人ゲーム制作サークルTransmitは28日、戦略型リアルタイムシミュレーションゲーム『Transer & Buster』の体験版第1弾を公開した。

サイバー世界を舞台とした作品で、生活に欠かせないエネルギー源「スピリット」の回収や、施設の防衛といったミッションを遂行していく。戦闘能力が高いが移動速度が遅い「バスター」と、移動速度が速く、スピリットや味方の運搬ができる「トランサー」という2種類のユニットの連携がポイントだ。

範囲攻撃や味方の回復、サポートといったさまざまな「メソッド(スキル)」や、ゲージを溜めて発動するユニット毎に固有の大技「オーバーライドメソッド」なども駆使して、戦況がリアルタイムに変化する中でミッションの条件達成を目指していく。操作はマウス専用で、素早く的確なマウスさばきも重要となってくる。(なお、チュートリアル等で説明はないが、画面右上のミニマップやその下のユニット一覧のクリックにより画面表示位置のジャンプが可能。ユニット一覧を右クリックしてメニューを開くこともできる。すばやい操作には欠かせないので活用をお勧めしたい。)

本体験版では体験版特別仕様のミッションを12個プレイ可能で、3種類の難易度が用意されている。また2018年に、製品版の冒頭がプレイできる体験版第2弾が公開予定。なお、「制作途中のため、製品版では内容が著しく異なる可能性があります」とのこと。

地域制圧型戦略シミュレーション『わがままアリスと百日戦争』ベータ版公開
witch-alice-1 witch-alice-2 witch-alice-3

1 2 3 4次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。