ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

音の出る電卓を駆使して演奏するマリオのテーマソングやけもフレOP 指さばきがピアニスト並み

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

バケツやグラスなどの日用品を楽器代わりに演奏するミュージシャンは、世界中にたくさんいて『YouTube』に動画を投稿していたりします。中には音が鳴る電卓のキーを華麗な指さばきでピアノの鍵盤のように演奏するミュージシャンも存在しています。『It’s a small world』というアカウントの『YouTube』チャンネルでは、マリオのテーマソングや『けものフレンズ』のオープニング曲、ファミマの入店音などを複数の電卓を使って演奏している様子を公開しています。ピコピコ音なのでゲーム音楽と相性良いのは異論の余地なしといったところです。なぜか郷愁をそそられる人も多いのではないでしょうか。

Super Mario Theme – played by Four calculators(YouTube)
https://youtu.be/vCWJoGSmrM8

Kemono Friends OP 電卓三台でけものフレンズ 【ようこそジャパリパークへ】を演奏してみた(YouTube)
https://youtu.be/p_BP50IdojI

電卓二台で【ファミマ入店音】を演奏してみた(YouTube)
https://youtu.be/-WUIuQHCz94


左上に意味不明な漢字が記された「電卓は中国製」だそうです。

『It’s a small world』の正体は、『Twitter』のつぶやきから推察するとどうやら“日本人”のようですね。

It’s a small world『Twitter』 [リンク]

子供の頃から“ピアノが弾ける女性”に憧れを抱いてしまうほど、神様から音楽の才能を授からなかった筆者なので、電卓とはいえピアノ弾きばりの指さばきには素直に感銘してしまいます。この電卓の音は、ファミコン~スーファミあたりのゲーム音楽とマッチするのでマリオのテーマソング以外のゲーム音楽も聞いてみたいと思うのは筆者だけではないでしょう。電卓何台まで同時演奏可能かも見てみたいですね。

※画像とソース:『YouTube』より引用
https://www.youtube.com/watch?v=vCWJoGSmrM8

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。