体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

片山晋呉&長友佑都が共同開発『TAIKAN STREAM(タイカンストリーム)』がついに発売! 日本全国に展開中

これまで何度か取り上げてきたTAIKAN STREAM(タイカンストリーム)は、株式会社MTGが提案する新しい体幹トレーニングアイテム。9月中旬に全国発売を迎え、店頭で見かけた人もいるのでは? 今回は売り場の様子をレポートする!

 

スポーツ用品店も注目する『TAIKAN STREAM』

やってきたのは茨城県土浦市。全国展開するスポーツ専門店ゼビオのなかでも、ここは関東最大級の売り場を誇る「スーパースポーツゼビオ ドームつくば学園東大通店」(茨城県土浦市中村南6-12-18)。

「売り場の一番いい場所に『TAIKAN STREAM』をディスプレイしました」と語るのは、店舗マネジャーの松本氏だ。ご自身も柔道経験者で、体幹トレーニングの重要性には深く共感しているという。

 

マネジャー松本陽太郎氏。

「“ホームジム”が流行しています。つまりジムに通わず、自宅(ホーム)をジムとして身体を鍛えたい人が増えているんですね。『TAIKAN STREAM』は見た目もポップで、部屋の雰囲気も明るくしてくれる。新しいですよね」

売り場には“ホームジム”のアイテムが並ぶ。

 

『TAIKAN STREAM(タイカンストリーム)』はどこが新しい?

ここで『TAIKAN STREAM(タイカンストリーム)』についておさらいしよう。プロゴルファーの片山晋呉氏と、プロサッカー選手の長友佑都氏。抜群の知名度となにより実力を誇る2人だが、彼らが開発に携わった、まったく新しい体幹トレーニングアイテムが、この『TAIKAN STREAM』なのだ。

製品発表会には2人も登壇。

近年、体幹トレーニングは大きな注目を集めている。一方でトレーニングアイテムといえば“バランス〇〇”といった、遊びながら鍛えるようなグッズばかりだった。そんな中で『TAIKAN STREAM』はトップアスリートが監修して、ピンポイントに体幹を鍛えることができるアイテムというのが革新的なのだ。

中に入った水を、水平にキープする、スイングするなどの使い方をする。これが見た目以上に、効く。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。