体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

話題のビジュアルノベル『Va-11 Hall-A』の開発チームSukeban Gamesに聞いた!彼らのゲーム制作への熱い思いとは?

image9
 
TGS一般公開日一日目。たくさんのインディゲームが展示される中、一際注目を集めた作品がある。ベネズエラに拠点を置くSukeban Gamesの開発したビジュアルノベルゲーム『Va-11 Hall-A: Cyberpunk Bartender Action』(以下『Va-11 Hall-A』)だ。
 
image12
 
『Va-11 Hall-A』は、サイバーパンク都市グリッチシティに居を構えるバーVA-11 Hall-A(ヴァルハラ)のバーテンダーであるジルとなり、VA-11 Hall-Aに訪れるさまざまな顧客の要望に応え、カクテルを提供していく作品だ。サイバーパンク+バーテンダーという独特のストーリーと世界観に加え、多くのビジュアルノベルが選択肢で展開を左右するところを、このゲームは提供するカクテルで展開が変化するという非常にユニークなシステムを持っているのが特徴だ。日本のカルチャーに影響を受けたとされるビジュアルも非常に魅力的である。

本作は2016年6月にSteamでリリースされ、瞬く間にSteamユーザーの心をつかみ、その地位を不動のものとした大ヒット作品である。その魅力的なビジュアルや独特のシステムが日本においても話題となり、日本語版のリリースが待望されていた。

image11
 
そんな中、先日PS Vita版の発売日が2017年11月16日と発表され、待ち望んだゲーマーたちは沸き立った。その熱は当然TGSにも伝わり、インディディベロッパー発のビジュアルノベルというある種ニッチな作品にもかかわらず最長100分待ちという大行列となった。(私が事前に確認に伺った13時の段階で80分待ちだった。すごい。)大手ディベロッパーのAAAタイトル並みの行列である。その注目度の高さも計り知れる。

さて、今回私たちはベネズエラからはじめて来日したSukeban Gamesのおふたりにインタビューする機会を頂いた。

多くの注目が集まる本作。様々な視点でのインタビューが重なるであろうことを考え、今回は「インディディベロッパーとしての活動」と「ゲーム制作へのこだわり」に主眼を置き、インタビューを行った。

『Va-11 Hall-A』に込められた開発者の熱意とは?

image2
 
――今回で『Va-11 Hall-A』は二度目のTGS出展ですね。TGS2015ではゲームの展示のみでしたが、今回は開発であるSukeban Games自ら参加しての展示と聞いております。しかもSukeban Gamesはベネズエラから出ることすらはじめてということで。何か手ごたえなど感じておられますか?

Sukeban Games:
予想以上に、それこそ爆発的に話題になっているみたいですね。ビジネスデイでは多少の列はできていたんですけど、数人程度のものでした。まあこんなものだろうなとそのときは思っていたんですが、今日来てみるとこんなに大きな行列ができていて、わあ!すごいな!と。

で、その時はじめて気づいたんですが、ああ、本当に私たちは成功しているのかも!なんて。すごくうれしいですね。

――日本では本作に非常に注目が集まっているようで、一般公開日の初日である今日100分待ちの大盛況だと先ほど伺いました。たくさんのファンが詰めかける形となりますが、何かうれしかったことなどございますか?

1 2 3 4 5次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会