体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【カルビー、NTTデータ】「テレワーク・デイ」参加企業が描く“働き方”の未来

【カルビー、NTTデータ】「テレワーク・デイ」参加企業が描く“働き方”の未来

在宅勤務など、場所や時間にとらわれない働き方を推奨する「テレワーク・デイ」が、7月24日(月)に実施された

テレワークとは、ICT(情報通信技術)を使って時間や場所を有効に活用する柔軟な働き方のこと。所属するオフィスではなく、サテライトオフィスや自宅で仕事をしたり、出張時の移動中などでモバイルワークをしたりする働き方だ。政府は東京都や経済界と連携して、企業や自治体などにテレワークの推進を推奨しており、この「テレワーク・デイ」には約1000団体、6万3000人が参加した。

「テレワーク・デイ」の成果は、総務省より10月上旬に発表される予定にあるが、参加団体はそれぞれに効果を感じているようだ。今回は「テレワーク・デイ」に参加したカルビー、NTTデータの2社に、テレワーク・デイ当日の模様、成果や課題、今後の取り組みなどについて伺った。

【カルビー株式会社】本社社員の8割が参加、「業務効率・ライフワークバランスが向上した」との声

f:id:k_kushida:20170928190129j:plain

▲カルビー株式会社 人事総務本部 人事総務部 中村有佑さん

カルビーでは2009年より働き方改革を実行、テレワークにも3年前から取り組んでいる。

2014年に週2日まで、勤務場所は自宅に限った「在宅勤務制度」をスタート。利用者が増え、「週3日以上取りたい」「自宅以外でも働きたい」という声を受け、今年4月から上限日数を撤廃。場所も限定しない「モバイルワーク制度」を新設している。

「普段からモバイルワークを実施している社員が一定数おり、テレワーク・デイにも前向きな社員が多く、当日は本社に勤務する社員の約8割にあたる270人が参加しました。テレワークの説明会を開催し、人事発信で毎日アナウンスをするなど啓蒙を図ったことも功を奏したと思います」(中村さん)

参加した社員の当日の勤務場所は、約7割が自宅、約1割がカフェ、残りがその他の場所(カフェや図書館など)。2歳の子どもを持つワーキングマザー、フルグラ事業本部企画部商品企画課の佐々木忍さんは、自宅勤務を選んだ。

「テレワーク・デイ当日は自宅で、担当するシリアル商品『フルグラ』のキャンペーン企画を検討。自宅だと業務に集中できるので、仕事が捗りました。通勤に片道1時間ほどかかるのですが、モバイルワークならばその時間を仕事や家事育児、買い物などに有効活用できるのも嬉しいですね」(佐々木さん)f:id:k_kushida:20170928140500j:plain

▲自宅で仕事をする佐々木さん

将来的には全従業員の働く環境を改善していきたい

f:id:k_kushida:20170928190232j:plain

「テレワーク・デイ」参加者に後日行ったアンケートによると、「モバイルワークにより業務効率が上がった」と答えた人は約72%、「ライフワークバランスが向上した」と答えた人は約87%に上った。「通勤時間を仕事に充てられる」「通勤ラッシュの負担がなく快適に働ける」などの声や、「就業時間の短縮につながり、その分を自分の時間に充てられる」点に魅力を感じるとの意見が目立ったという。

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy