体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ジョイマン高木 第3話「意味」|履歴小説

ジョイマン高木 第3話「意味」|履歴小説 ジョイマン高木 履歴小説 第3話 比之葉ラプソディ 履歴小説

カツセマサヒコ、品田遊、ジョイマン高木、夏生さえり、比之葉ラプソディ。5人の作家・クリエイターが、同じ3枚の履歴書から妄想を膨らませて、それぞれの物語を綴る「履歴小説」。

最終回となる第3話のお題は、サッカーが趣味の高校生、岡田岳(17)の履歴書。okadagaku_rireksho※クリックで拡大

書き手は、ツイートがエモすぎると話題のラップ芸人、ジョイマンの高木晋哉でお送りします。

 

ジョイマン高木 第3話「意味」

 

僕の名前は岡田岳。十七歳。都内の本住高校の二年生。サッカー部に所属している。二年だけど最近レギュラーに選ばれ、親も喜んでくれた。誰とでも仲良くなれるほうだし女友達も多い。彼女も最近できた。アルバイト先で知り合った、バンドをやっている2歳年上の浦部真鈴という女性だ。僕の夢は彼女のバンドに入る為にアルバイトでお金を貯めて楽器を買う事だ。バンドに入る為なら楽器は何だっていい。今、とっても幸せだ。今年の夏休みも部活とアルバイトと遊びで充実していた。

でも人間はいつか誰もが死ぬらしい。

僕の周りには幸運にもまだ死んだ人がいない。だから話に聞いた事があるだけで、噂のレベルだけど、どうやら人間はいつか誰もが死ぬらしい。もし本当にそうだとしたら、今、高校生活が楽しかったからといって果たして何の意味があるのだろう。人生が楽しくない人や、人生に失敗した人は、なおさら生きる意味があるのだろうか。僕は悩んでいる。生まれて初めて悩んでいる。今までは悩むことなんて無かった。全てはノリと勢いで何とかやってこれた。しかもこういう悩みは僕のキャラにないから何となく友達にも言いづらい。これが大人への階段というやつなのだろうか。

死といえば、この前ネットでお笑い芸人のジョイマンの死亡説が流れていた。僕が小学生の頃にテレビに出ていた芸人。ネタは何となく覚えているが僕には全く意味が分からなかった。まあ一発屋芸人になっていたみたいだし、生きていてもたいして意味はないのかもしれない。しかし本当に死んだのだろうか。でもネットに書いてあるのだから本当なのだろう。

そんなある日、僕は部活の無い休日に都内のショッピングモールで彼女とぶらぶらしていた。モール内の広場ではイベントが開催されていた。イベントは始まってから既に少し時間がたっているようだった。

僕は目を疑った。

ステージにジョイマンがいる。

幽霊がいる。ジョイマンの幽霊がイベントでネタをしている。

僕は腰を抜かしてその場に尻もちをついた。彼女はキョトンとしている。落ち着け。かっこ悪い。心拍を整えろ。イベントに人が集まっていないところを見るとジョイマンは僕にしか見えていないのかもしれない。ただ、近くにジョイマンを食い入るように見ながら涙を流している男性がいる。あの人も多分見えている。涙を流しているところを見ると親族だろうか。

すると横にいた彼女がおもむろにステージに近づき、ハンカチをジョイマンの眼鏡の男に渡した。彼女は恥ずかしそうにではあったが、ハンカチを渡しながらこう言った。

『この前は、ありがとう オリゴ糖♪』

そしてジョイマンの眼鏡の男が

『いえいえ♪ 持ち家♪』

と言った。いろいろ意味が分からなかった。そうだった、ああいう韻を踏んだ駄洒落の様なネタだった。思い出した。しかし今、ネタで会話する必要があったのだろうか。いやそんな事より彼女は知り合いだったのか?ジョイマンと。いやジョイマンの幽霊と。霊感とかあるタイプなんだ。僕は混乱していた。死んだと思っていた人間がいきなり目の前に現れたのだから当たり前だ。何なんだ。意味が分からない。お願いだから誰か意味を説明してくれ。

1 2次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy