体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

タナカカツキの原作漫画を映像化! 京都を舞台に描く青春映画

1709211

『コップのフチ子』の原案で知られる漫画家・クリエイターのタナカカツキによる漫画を映画化した『逆光の頃』が公開中。

京都生まれ、京都育ちの高校生・赤田は、思春期ならではの同級生との別れやケンカ、幼馴染との初恋を経験する。日常と非日常、夢と現実の双方を行き来しながら、少年の心はゆらめきながら、煌めきながら大人になっていく――。

主人公の赤田役を高杉真宙、幼馴染のヒロインを葵わかなと、フレッシュな若手実力派の二人がみずみずしく演じる。アニメーションを駆使するなど、独特な演出によって描かれた世界観にも注目。

逆光の頃
監督・脚本:小林啓一
出演:高杉真宙、葵わかな、清水尋也、金子大地、田中壮太郎
(2016年/日本)
公開中
©タナカカツキ/講談社・2017 東映ビデオ/マイケルギオン
http://gyakko.com/

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。