体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【東京ゲームショウ2017】バンナムとサクセスからHTML5プラットフォームのタイトルが発表

【東京ゲームショウ2017】バンナムとサクセスからHTML5プラットフォームのタイトルが発表

9月21日から24日にかけて幕張メッセで開催中の『東京ゲームショウ2017』。ブラウザ上で遊べるHTML5プラットフォームのタイトルが相次いで発表されました。

2020年にアドビ システムズがFlash Playerのサポートを終了することが発表され、ブラウザ上でゲームを遊ぶプラットフォームとして注目されるHTML5。バンダイナムコエンターテインメントは、同社とドリコムの共同出資で設立した新会社BXDからスマートフォン向けのHTML5ゲームを、サクセスはパソコンやスマートフォン、タブレットで遊べるHTML5ゲームを発表しています。

tgs17_html5_2 tgs17_html5_3

BXDは、バンダイナムコエンターテインメントブースで『HTML5 新プラットフォームタイトル発表会 ~稲村亜美の新フォーム 神ヒット祈願!!~』を開催。HTML5ではスマートフォンの標準ブラウザで誰でも楽しめる点、ゲームらしい音声やグラフィックの表現が可能になった点、『LINE』やメッセンジャーで送ったURLからインストールなしですぐに遊べる点を特徴として説明しました。

tgs17_html5_4

同社はHTML5を共通基盤として、ゲームなどデジタルコンテンツ以外にも、デバイスやゲームセンターなどのロケーション、カードなどのグッズといったリアルな商材・サービスが連動する展開イメージを発表。バンダイナムコグループが持つコンテンツ資産の活用を連想させて新タイトルの発表へ。

tgs17_html5_5

2018年春にサービスを開始する3タイトルとして、『ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ』『プロ野球 ファミスタ マスターオーナーズ』『アイドルマスター』を発表しました。

tgs17_html5_6

『ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ』は、ユーザー同士の対戦が可能なアクションゲーム。まだプレイしたことがない友達でも、URLを送ってその場ですぐに対戦できるほか、プレイ中にピンチに陥ったときにはフレンドにSOS通知を送信して助けに来てもらう、などHTML5プラットフォームの特徴を生かしたゲームプレイのイメージを明らかにしました。

tgs17_html5_7

『プロ野球 ファミスタ マスターオーナーズ』では実在のプロ野球選手がカードになり、ゲーム中に選手として登場するとのこと。リアルなカードと連動する展開が考えられそうです。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。