体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

郊外の住宅街にありながら開店前から大行列!「ふくちゃんラーメン」の味の秘密とは?【福岡・早良区】

f:id:mesitsu_lb:20170901112651j:plain

最低でも週に3回はとんこつラーメンを食べるライターの桂ですこんにちは。

とはいうものの、仕事柄やはり福岡市の中心である天神や博多駅周辺のラーメン屋さんに行くことが多く、なかなか郊外まで足をのばすことがありません。

今回取材する「ふくちゃんラーメン」ですが、福岡に戻ってきた2年前からず~っと前から気になっていたお店です。昔からあるとんこつラーメンの王道の味を引き継ぎ、開店前からお店の前に大行列ができると言われています。

そのうわさを聞きつけて遠方からのファンも引き寄せる、かなり有名な老舗ラーメン店なんですよね。が、しかし郊外にあるためなかなか行く機会に恵まれず、今回初めて訪問することとなりました。

しかも、取材ということなので開店前の10時からスープの仕込みも含めてじっくりと見させていただけるとのこと。

これはもうテンション上がりまくりです!

豚の頭だけを使ったオリジナルスープ

本日の開店は11時。その1時間前の10時から取材ということで、特別にお店の中に入らせていただきました。

実はこの時点で既に外には並んでいるお客さんが何人かいます。

ちょっと申し訳ない気持ちになりながらお店の大将にインタビュー開始!

f:id:mesitsu_lb:20170816122954j:plain

▲大将の榊伸一郎さん。いかにもラーメン職人といった印象を受けます

「うちはね、スープが特徴なんですよ。とんこつスープなんですが、豚の頭だけを使って作っているので濃厚ですがしっかりと下処理しているので臭みがありません」

そう語りながら仕込みに汗を流す姿からは、相当なこだわりと情熱を感じることができます。その特徴あるスープを見せていただきました。

f:id:mesitsu_lb:20170816123133j:plain

▲寸胴から吹きこぼれそうなくらいいっぱいになった豚骨(頭の部分)とニンニクが目に入ります

「こちらのスープは1日目のスープです。まだ若いですね。この奥にあるのが2日目になるスープです。豚骨のエキスが十分に抽出されてしっかりとした味になっています。うちはお客様に提供する前に、若いスープと2日目のスープとをブレンドして味を調えています」

スープを「若い」と表現する大将。

インタビューの時は笑顔を見せてくれていますが、いざスープと対峙(たいじ)している時の表情は真剣そのもの。見た目と匂いでスープの出来具合を見極めています。

f:id:mesitsu_lb:20170816123248j:plain

▲奥にあるのが2日目のスープ。豚骨の色が違うのがわかるでしょう

f:id:mesitsu_lb:20170816123348j:plain

▲スープの具合をチェックしていると……あ、ほんとだ。頭の部分ですね

f:id:mesitsu_lb:20170816123440j:plain

▲開店30分前になると別の寸胴で2種類のスープをブレンド。この作業は大将だけにしかできません

f:id:mesitsu_lb:20170816123531j:plain

▲出来上がったとんこつスープ。このスープとしょうゆベースのタレをあわせたらこのお店のラーメンスープになります

昔ながらのザ・ラーメン屋さん

お店の魅力はスープだけではありません。

ふと店内を見回してみると、壁にしみ込んだ油の跡や少しねっとりする床、壁のサイン色紙、そしていろいろな飾り物など、”古き良きラーメン屋さん”の遺伝子を脈々と受け継いでいる様をうかがい知ることができます。

聞けば、「ふくちゃんラーメン」はもともと藤崎(福岡市早良区)にあったお店。昭和50年に創業され、そのスープのおいしさ故に瞬く間に大人気となりました。ただし、付近に駐車場がなく、違法駐車が相次いだことを理由に店舗移転を決断。代替わりをしつつ、平成6年に店舗を現在の場所に移したとのこと。

1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。