ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

きのこ料理のおいしさが変わる!煮る、炒める、揚げるコツ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
きのこ料理のおいしさが変わる!煮る、炒める、揚げるコツ

秋の味覚としておなじみのきのこ。シイタケ、しめじ、まいたけ、えのき、エリンギ、マッシュルームと、種類が豊富で、料理の用途が広いのも特徴です。きのこの魅力である風味とうまみは、調理法によって引き出し方が変わります。上手に調理すれば、存在感がグッと増しますから、ぜひコツを覚えて、日々の料理に役立てましょう。

きのこを加熱調理するときのポイント

きのこを加熱調理するときのポイント

きのこは加熱調理するのが基本です。ただし、アルミ製のフライパンや鍋での調理は、酸化して黒く変色してしまうため、避けましょう。また、塩を加えると、水分と一緒にうまみが出るだけでなく、カサが減ってクタッとした食感に変わってしまいます。塩で調味する場合は、必ず調理の最後に加えるようにしましょう。

煮るときは、加えるタイミングで仕上がりを変える

煮るときは、加えるタイミングで仕上がりを変える

鍋ものや煮ものなど、うまみをだしとして使う場合は、しっかり煮てうまみを引き出します。反対に、スープの具やきのこカレーなど、風味を効かせたい料理のときは、調理終了の15分ほど前に加えるか、別の鍋などで褐色になるまで炒めてから、最後に加えると良いでしょう。

佃煮風に煮詰めると、うまみが凝縮!

しめじ、まいたけ、えのき、シイタケなど好みのきのこ(ぬめりのあるきのこは不向き)を佃煮風に煮詰めると、余分な水分が抜けてうまみが凝縮されます。混ぜご飯にすれば、炊き込みご飯とは一味違った風味を楽しめるほか、あえものの具にしてもおいしく食べられます。

炒めるときは、香りが出るまで動かさない

炒めるときは、香りが出るまで動かさない

炒め料理の場合は、強火で火を通すのがコツ。加熱中に菜箸で動かすと、きのこの繊維から水分が出てうまみが逃げやすいので、香りが立ってから上下を返すようにしましょう。火が通ったら、最後に水を少々加え、蒸気で一気に仕上げます。

揚げるときはかさの表側から火を通す

揚げるときはかさの表側から火を通す

天ぷらや素揚げにする場合は、強火でしっかり火を通します。かさのあるものは、かさの表側から火を通しましょう。水分が飛びにくく、風味が損なわれません。

マッシュルームやエリンギ、しめじなど、繊維の綿密なものは、低温の油で丸ごと揚げ煮にする「オイルコンフィ」もおすすめです。厚手の鍋にきのことオリーブオイルを入れ、120℃くらいの低温で沸騰させないようにじっくり火を通すと、うまみが濃厚になり、プリッとした弾むような食感を楽しめます。

最後に

さまざまな種類のきのこを組み合わせれば、香りや食感がより豊かな一皿になります。風味を損なわないコツを活かして、おいしさを存分に楽しみましょう。

最終更新:2017.09.20

文:齊藤カオリ、KWC
写真:Getty Images
監修:カゴメ
参考文献:
『内田悟のやさい塾 秋冬』内田悟著(メディアファクトリー)
『改訂9版 野菜と果物の品目ガイド』(農経新聞社)
『[カラー版]世界食材事典』(柴田書店)

VEGEDAY powerd by KAGOMEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。