体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

KenKen×BiSHアイナ・ジ・エンド×鎮座DOPENESSの異色コラボ実現

KenKen×BiSHアイナ・ジ・エンド×鎮座DOPENESSの異色コラボ実現

 KenKen(LIFE IS GROOVE, RIZE, Dragon Ash)、アイナ・ジ・エンド(BiSH)、鎮座DOPENESSの異色コラボレーションによるPlayStation4(R)のラインナップムービーが公開された(https://youtu.be/RoScW1FZiI4)。

 トラックメーカーからミュージシャン、ボイスアクター、アイドル、落語家に至るまで、様々なアーティストや表現者とのコラボレーションで、ゲームタイトルを紹介してきたPS4(R)のラインナップムービー。今回の映像「PS4(R)Lineup Music Video「Boost Your Play」ft. KenKen(LIFE IS GROOVE, RIZE, Dragon Ash)+アイナ・ジ・エンド(BiSH)+鎮座DOPENESS」では、発売中の最新作および発売予定のPS4(R)用ソフトウェアの中から、この秋冬に注目の20タイトルを一挙に紹介している。

 コンセプトは「Boost Your Play」。音楽界屈指のコアゲーマーとして知られるベースヒーローKenKenが楽曲を制作。ヴォーカルには、メジャーデビューからわずか1年の幕張メッセワンマン公演で7000人を集客しソールドアウトさせるなど、2017年大注目の“楽器を持たないパンクバンド”BiSHからアイナ・ジ・エンド、独特な声質と巧みなスキルでHIPHOP界では天才とも謳われる鎮座DOPENESSが参加している。

◎KenKen-コメント
ミュージシャンゲーマー代表の一人として、前回のこの企画を見たときから、必ずやりたいと思ってました。
PlayStation(R)のロゴの音からインスパイア、作曲しました。
自信作です。全てのゲームが欲しくなりますよ!

◎アイナ・ジ・エンド-コメント
今回参加させていただいたアイナ・ジ・エンドです。初めてデモを聴いたときは、とってもかっこいいトラックで、本当に驚きました。歌わせて頂けて嬉しいです。
レコーディングでは、鎮座DOPENESSさんと向かい合って歌うことがあって、鎮座DOPENESSさんがリードしてくれたおかげで、アドリブの箇所なども本当に心から音楽をやっていると感じられて楽しかったです。
その時のグルーヴ感が声にしっかり現れてて、そういうところも含めていい作品になった気がします。ベースヒーローKenKenさんも鎮座DOPENESSさんも、『本物』だって、心から感じたので、わたしもこれからあんな風に音楽をやっていきたいなと思いました。このような機会をいただけて感謝です。ありがとうございます!

◎鎮座DOPENESS-コメント
この度はお招き頂きありがとうございました。
今回のレコーディングは彩り豊かな展開のKenKen君のbeatの上でかっこよく力強い声のアイナさんとのセッション!
レコーディングはアイナさんと御一緒できてその日の楽しい空気感がまんまおさめられておりとても満足しております!
皆んなでgameしながらこの曲を口ずさんでみてくださいませ!

関連記事リンク(外部サイト)

GLIM SPANKYとKenKenが映画『DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団』に楽曲を提供&予告編公開
KenKen「Welcome to my party!東京から魂を連れて来たぜ、Master of TOKYO ムッシュかまやつ!!」KenKen’s partyライブレポートが到着
BiSHアイナ・ジ・エンド「こういうのをやりたいと思って」ハイレゾ音源大賞を選出

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。