体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

くるり、2018年春全国ツアー開催決定

くるりが、2018年春に全国ツアーを開催することを発表した。
くるり (okmusic UP's)

今回発表されたのは、2018年2月から3月にかけて行なわれる全国ツアー。大阪・Zepp Osaka Bayside公演2デイズを皮切りに、東京・Zepp Tokyo公演2デイズで締め括られる。よりも会場数が大幅に増え、全国14都市を駆け巡る。

くるりは、9月20日にBlu-ray&DVD『くるくる横丁』をリリース。ベストアルバム『くるりの20回転』を引っ提げて行なわれたツアー『チミの名は。』より、2月28日にZepp DiverCityで行なわれた最終公演を完全収録したもので、当日は岸田繁(Vo&G)、佐藤征史(B)、野崎泰弘(Key)、松本大樹(G)、山本幹宗(G)、クリフ・アーモンド(Dr)、森信行(Dr)という異色の7人編成により、「メンバーがいれかわったりがったいしたり」しながら繰り広げた。直球も変化球も交えた、20年目のくるりが繰り出すオリジナルプレイリストとも言うべき、千変万化のステージが楽しめる。また、特典映像として、結成20周年を記念して2016年9月にSPACE SHOWER TVで放送された、スペシャルプログラム『くるりの20回転ワープ』を収録。そして“公開練習”と称し、岸田、佐藤、森のオリジナルメンバー3人によって、結成の地である音楽サークル「ロックコミューン」部室で演奏された模様を拡大版で収録。さらに、副音声として岸田、佐藤のほかサポートメンバー含む、総勢6名で当日のステージを振り返るオーディオコメンタリーを収録。ここだけの裏話も満載だ。

そして、その『くるくる横丁』に特典CDとして封入されるニューシングル「How Can I Do?」は、『ふたつの世界』以来2年ぶりの発表となるシングル。岸田繁と徳澤青弦ストリングスによる優美で華やかな管弦楽アレンジと、ウィーンのエンジニアDietzによるオーガニックで生き生きした紡ぎが光る、くるりのマーチ。昨年行ったスペシャルライヴ『NOW AND 弦』や、京都市交響楽団からのオファーで岸田が書き上げた「交響曲第一番」といった潮流にも乗った、くるりサウンドの最新型と言える。
くるり 2018年 春 全国ツアー
2月23日(金) Zepp Osaka Bayside

2月24日(土) Zepp Osaka Bayside

3月03日(土) 札幌ペニーレーン24

3月04日(日) 旭川CASINO DRIVE

3月06日(火) 青森Quarter

3月08日(木) 宮城Rensa

3月10日(土) 富山MAIRO

3月11日(日) 金沢EIGHT HALL

3月16日(金) 鹿児島CAPARVO HALL

3月18日(日) 福岡DRUM LOGOS

3月20日(火) 愛媛WstudioRED

3月21日(水・祝) 香川festhalle

3月23日(金) 広島クラブクアトロ

3月24日(土) Zepp Nagoya

3月30日(金) Zepp Tokyo

3月31日(土) Zepp Tokyo
Blu-ray&DVD『くるくる横丁』
2017年9月20日発売

【Blu-ray】(BD+CD)

VIZL-1248/¥6,000+税

<収録曲>

■『くるりの20回転』リリース記念ツアー

「チミの名は。」

at Zepp Diver City TOKYO

*DVDはDISC1収録

01. ワンダーフォーゲル

02. トレイン・ロック・フェスティバル

03. 魔法のじゅうたん

04. 愉快なピーナッツ

05. BIRTHDAY

06. Bus To Finsbury

07. Morning Paper

08. Tonight Is The Night

09. 琥珀色の街、上海蟹の朝

10. ふたつの世界

11. 京都の大学生

12. 帰り道

13. Long Tall Sally

14. Superstar

15. ロックンロール

16. Ring Ring Ring!

17. HOW TO GO

18. 街

19. 虹

-ENCORE-

20. The Veranda

21. 遥かなるリスボン

22. 春風

23. 夜行列車と烏瓜

24. WORLD’S END SUPERNOVA

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。