体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

超特急、テレ朝チャンネルで4時間SP放映決定

テレ朝チャンネル1にて、9月24日に超特急の4時間特番をオンエアされることが決定した。今回の特番では、2016年に開催された『超特急 LIVE TOUR 2016 Synchronism~Body&Groovin’~』、2016年と2017年にわたり2年連続で出演した『六本木ヒルズ夏祭り SUMMER STATION 音楽LIVE』の模様をお届けする。
 (okmusic UP's)

2016年、史上最多となる35,000人を動員した『超特急 LIVE TOUR 2016 Synchronism~Body&Groovin’~』。このツアーでは初のバンドを従えてのパフォーマンスだっただけに「超特急として音の幅も広がって、 パフォーマンスもより高いものをお見せできたと思います」(カイ)「このライヴは、バンドの皆さんやメンバーやたく さんの方達とともにつくりあげました。改めて、ライヴっていいなあ、と思いました」(ユーキ)とコメント。メンバーのトークでは、ライヴを作り上げる過程での秘蔵エピソードも飛び出した。

続いて、昨年度の『コカ・コーラ SUMMER STATION 音楽 LIVE』をメンバーの解説つきでおとどけ。「僕たち本当に超特急が大好きなんで(笑)、“この曲いいな”“いい顔してるな”とか素直に思ったり。本当に楽しかったです」(コーイチ)というように、素の表情でライヴを鑑賞するメンバーの姿は見逃せない。

また、今年7月21日に開催された『コカ・コーラ SUMMER STATION 音楽 LIVE』をTV初放送! ライヴの模様のみならず、リョウガに渡された小型カメラに映るライヴ前のメンバーのくつろいだ表情、ライヴ前の円陣の風景等、バックヤードの秘蔵映像も満載。「今年も去年の熱量に負けないライヴを全力でおとどけします」(リョウガ)というように、真夏の摩天楼のステージ『SUMMER STATION LIVE アリーナ』にメンバーが登場するやいなや、歓声があがり、すでにフロアの熱量は最高潮に。夏の定番曲「Summer love」で幕が開けた。

続く「Drive on week」 で8号車がひとつになり、コールがまきあがる。タカシが「燃え尽きていこうぜ!」と声を上げると、「My Buddy」 を披露。バックボーカルであるタカシとコーイチが、クラップと「サマステ! テレ朝!」というコールでフロアを煽ると、メドレーに突入。激しいダンスで魅せる「Make it hot!」、キュートなふりの「ライオンライフ」、「Beasty Spider」「超ネバギバ DANCE」まで一気に走り抜ける。

終盤「PAPAPAPA JUMPERS」の曲中には、なぜか ダンサー5 人によるかき氷の早食い競争がスタートし、敗者には罰ゲームも。超特急らしいコミカルな演出にフロ アから笑いも巻きあがる。アンコールでは灼熱のライヴにぴったりの楽曲「Burn!」、ラストは切れ味のあるダンスで「超えてアバンチュール」を披露。リョウガが「最高の声ありがとうございました!」と8号車(超特急のファン)に感謝を伝えると、「これだけ盛り上がったから……来年も出れますよー!」と宣言して、灼熱のステージの幕は閉じた。
テレ朝チャンネル1『超特急大特集 4 時間 SP!! 』

9月24日(日)15:00〜19:00

<放送内容>

・超特急 LIVE TOUR 2016 Synchronism~Body&Groovin’~

・テレビ朝日・六本木ヒルズ夏祭り SUMMER STATION 音楽LIVE 2016‘超特急’(本人解説付き)

・テレビ朝日・六本木ヒルズ夏祭り SUMMER STATION 音楽LIVE 2017‘超特急’

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。