体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

flumpool、全国ツアー【Re:image】が仙台からスタート

flumpool、全国ツアー【Re:image】が仙台からスタート

 flumpoolが全国29都市、31公演を回る全国ツアー【flumpool 8th tour 2017 「Re:image」】を仙台サンプラザホールよりスタートさせた。

flumpool ライブ写真(全2枚)

 初日から、先日配信が開始された「WINNER」などの新曲やヒットチューンを連発。ここ仙台は、flumpoolがデビューしてから初めて開催したツアー1会場目の場所。flumpoolとしてライブの原点とも言える場所で8回目の全国ツアー初日、まさに今回のツアータイトルとなった【Re:image】にもふさわしい仙台での幕開けとなった。

 来年の10周年イヤーに向けて9年目にある今、これまでの軌跡をもう一度思い返しながら、今、欠けているものを見つけ出し、未来をイメージし進んでいくツアーは現在進行形でこれから3か月間続く。年末にはシングルリリースが決定したflumpoolがこの全国ツアーで各会場ごとにその夜だけの一夜を作り現在進行系の想いを届けていく。

 また、flumpool official Instagramアカウントも先日より開設され、メンバーのライブの模様や、終演後の様子などがアップされている。

◎リリース情報
タイトル未定
2017/12/27 Release予定
<初回限定盤 (CD+DVD)>2,000円(tax out)
<通常盤(CD)>1,200円(tax out)

◎ツアー情報
【flumpool 8th tour 2017「Re:image」】
2017年09月16日(土)宮城県・仙台サンプラザホール
2017年09月18日(月・祝)秋田県・秋田県民会館・大ホール
2017年09月23日(土・祝)岐阜県・岐阜市民会館・大ホール
2017年09月24日(日)富山県・富山県民会館
2017年09月29日(金) 北海道・北海道わくわくホリデーホール (札幌市民ホール)
2017年10月01日(日)北海道・函館市民会館
2017年10月06日(金)高知県・高知県立県民文化ホール・オレンジホール
2017年10月07日(土)岡山県・岡山市民会館
2017年10月09日(月・祝)愛知県・名古屋国際会議場・センチュリーホール
2017年10月10日(火)大阪府・フェスティバルホール
2017年10月13日(金)新潟県・新潟県民会館・大ホール
2017年10月15日(日)埼玉県・大宮ソニックシティ・大ホール
2017年10月21日(土)和歌山県・和歌山県民文化会館・大ホール
2017年10月22日(日)奈良県・なら100年会館・大ホール
2017年11月01日(水)兵庫県・神戸国際会館・こくさいホール
2017年11月03日(金・祝)徳島県・鳴門市民会館
2017年11月04日(土)滋賀県・滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール・大ホール
2017年11月12日(日)静岡県・富士市文化会館ロゼシアター・大ホール
2017年11月19日(日)群馬県・伊勢崎市文化会館
2017年11月22日(水)宮崎県・宮崎市民文化ホール
2017年11月23日(木・祝)熊本県・荒尾総合文化センター
2017年11月25日(土)福岡県・アルモニーサンク北九州ソレイユホール
2017年11月30日(木)千葉県・市川市文化会館・大ホール
2017年12月02日(土)神奈川県・パシフィコ横浜・国立大ホール
2017年12月03日(日)神奈川県・パシフィコ横浜・国立大ホール
2017年12月09日(土)福井県・福井市文化会館
2017年12月10日(日)三重県・桑名市民会館・大ホール
2017年12月15日(金)広島県・広島上野学園ホール
2017年12月16日(土)鳥取県・米子市公会堂

◎公演情報
【flumpool COUNTDOWN LIVE 2017→2018】
2017年12月31日(日)大阪城ホール
20:30OPEN / 22:00START / 24:30終演 ※全て予定時刻
チケット:6,500円(tax in.・全席指定)

関連記事リンク(外部サイト)

flumpool 年末に新SG発売決定 「WINNER」配信やMUSICスタンプの発売も
flumpool、新曲がタツノコプロ55周年記念作品の主題歌に決定&メインPV解禁
flumpool 山村隆太も大喜び!“十代女子”の黄色い声援うけ、映画『サクラダリセット』主題歌を熱唱

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。