体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

軽が欲しいなら、車内の広さを見て選ぼう【クローズアップ後編】

この車に乗るなら……という視点で人気車が持つ魅力に注目するカーセンサー(雑誌)の連載。今回はスズキ ワゴンRをクローズアップ!

▲日本の風景にしっくりと馴染むスズキ ワゴンR。家の近くを走っていると「おっ、新車買ったね」とご近所さんに話しかけられる……なんてシチュエーションも容易に想像できる

▲日本の風景にしっくりと馴染むスズキ ワゴンR。家の近くを走っていると「おっ、新車買ったね」とご近所さんに話しかけられる……なんてシチュエーションも容易に想像できる

必要な室内スペースに応じ、最適なモデルを選ぼう

軽自動車カテゴリーは長らくスズキ アルトやダイハツ ミラなどのハッチバックが全盛だった。そこへ1993年、スズキが世に問うたのがトールワゴンのワゴンRだ。ハッチバックよりも明らかに室内スペースが広く、使い勝手がよかったために瞬く間にヒットし、多くのフォロワーを生み、ほどなくトールワゴンが軽自動車の定番となった。一番のライバルはダイハツ ムーヴ。両モデルは90年代から現在にいたるまで激しい販売競争を続けている。

その後、軽のトレンドはさらに背の高い、いわゆるハイトワゴン系へと移行した。全長と全幅の上限を定められた軽が室内スペースを稼ぐには、高さに解を求めるしかないというわけだ。ここ数年で最もヒットしたハイトワゴンはホンダ N-BOXだ。スズキとダイハツの不毛ともいえるカタログ燃費競争には参加せず、しっかりとしたつくり込みによって軽らしからぬ走りと品質を売りにしたところ大ヒットし、何度も軽全体のベストセラーに輝いた。ワゴンRの直接のライバルはN-BOXの派生モデルであるトールワゴンのN-WGN。N-BOX同様の品質の高さが備わっている。

軽自動車の上位グレードの価格は150万円前後。トヨタのパッソやタンクとその兄弟車などの国産コンパクトカー、ルノー トゥインゴなどの輸入コンパクトカーも十分ターゲットに入ってくる。

ワゴンRを魅力的だと思った方へ、オススメの中古車はこちら

人気車のライバルはもちろん新車だけではない。中古車にまで視野を広げれば選択肢は無限大に広がる。とはいえ、膨大な車種の中から選ぶのは困難な作業だ。そこで、塩見さんと編集部員がオススメの中古車をセレクト。お得に手に入るこんなモデルはいかがだろうか(※中古車価格帯、モデル流通量はともに9月7日時点のカーセンサーを参照)

ダイハツ ネイキッド(初代)

▲今見ても可愛い(個性的な?)ネイキッド。人とちょっと違った車を選びたいならアリ

▲今見ても可愛い(個性的な?)ネイキッド。人とちょっと違った車を選びたいならアリ

特別じゃないのに特別感を漂わせることができる

全長と全幅、それに排気量に上限があり、さらに全メーカーが自主的に最高出力を64psに制限している軽自動車は、どれも似ている。それでも各メーカーはなんとか差別化を図ろうとしている。ネイキッドはあえて古風な丸目ヘッドランプを採用した他、平面的なボディパネルを用いたりドアのヒンジをあえて外に見せたりすることで道具感を演出し、人気を博した。一世代限りで販売を終了したこともあって、今見ても古くささがない(元々新しさがなかった)。ワゴンRほど空間効率は高くないが、ハッチバックのモデルよりはたくさんの荷物を飲み込む。(塩見)

【中古車価格帯】20万~90万円

【モデル流通量】約380台

スズキ ジムニー(現行型)

▲軽なのにクロカンという唯一無二の車。「軽ってどれも一緒でしょ」と思っている人にこそ目を向けてもらいたいモデルだ
1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。