体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

AirpodもiPhoneも一緒に充電できる! スマホケース「PodCase」は持ち歩きにも便利そう

Appleの完全ワイヤレスイヤホンAirpodを愛用している人は要チェックのアイテムがクラウドファンディングサイトKickstarterに登場した。

AirpodとiPhoneを一緒に収納・充電できるケース「PodCase」。早い話し、Airpodも収められるようにしたバッテリー付きiPhoneケースで、これだとAirpod専用ケースを持ち歩く必要がなく、またバッテリー切れの心配なしにいつでも音楽を楽しめる。

・専用ケースが不要に

AirpodはBluetoothで端末と接続させるワイヤレスイヤホン。ユーザーの多くがiPhoneとペアリングしている。専用ケースは収納するだけでなく充電機能を搭載していて、外出するときはAirpodを専用ケースに入れて携帯することが多い。

つまり、iPhoneとAirpodケースを持ち歩くことになるのだが、iPhoneとAirpodをひとまとめにして携帯できるようにしたのがPodCaseなのだ。

・Airpod紛失予防にも

ひとつでiPhoneとAirpodを携帯できることのメリットは、なんと言ってもAirpodを使いたいときにすぐ取り出せること。それから、Airpodの紛失を予防できることだ。

また、ヘビーユーザーにとってはiPhone、Airpodともに充電できるというのも心強い。バッテリーは2500mAhで、iPhoneならフルチャージできる容量。USB-CでPodCase、iPhone、Airpod全部を充電できるのも便利だ。

PodCaseはiPhone 7とiPhone 7 Plusの2サイズから選べ、現在Kickstarterで697香港ドル(約9700円)~となっている。出資は10月7日まで受け付けるので、Airpodユーザーはチェックしてみてはいかが。

PodCase/Kickstarter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。