ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

原宿で話題! 濃厚&エシカルな「背脂ラーメン」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

原宿で話題! 濃厚&エシカルな「背脂ラーメン」
J-WAVEで放送中の番組「STEP ONE」(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「7-ELEVEN LUNCH HUNTER」。この週は、ラーメンの王道「醤油ラーメン」を特集しています。醤油ラーメンといえば、“醤油×鶏がら”というイメージですが、9月11日(月)のオンエアでは、そんなイメージを覆すラーメン「Noodle Stand Tokyo」(原宿)を、ラーメン女子の森本聡子さんに紹介していただきました!

「こちらのラーメン屋さんのコンセプトは『エシカル(ethical)』です。原宿では、どういう生産背景で服が作られているかが分かる、という意味で『エシカルファション(ethical fashion)』というワードがHOTワードになっています。ラーメンも、誰もが安心して食べられる、エシカルなラーメンを作ろうということをコンセプトに誕生しました」(森本さん)

と、お店について解説してくれました。中でもおすすめしてくれたのは「背脂kuroshio煮干ラーメン」。「上質な甘みが押し寄せてくる感じがして、『やられた!』って思います」とのことでした。

早速、寺岡がお店に向かいました。お店は、原宿駅前の竹下通りの入口から、通りには入らずに、徒歩1分のところにあります。9月1日にオープンしたばかりで、女性1人でも入りやすそうな、カフェのような雰囲気です。

まずは、お店のコンセプトである「エシカル」について、担当者にお聞きすると「ラーメンは海外の方からも注目されているので、美味しいラーメンを食べて生産者の思いが消費者に伝わればいいなと思ってオープンしました」とのことでした。

テーブルに置かれているメニューには、麺やスープなど食材から、水に至るまで、産地が細かく明記されています。今回いただいた「背脂kuroshio煮干ラーメン」は、竹炭のパウダーが練りこまれた黒いなるとが浮いており、寺岡は「煮干の香りが鼻に抜ける感じがします。背脂にコクがあり、醤油の甘みが活きています。ちょっと固めで歯ごたえのある麺も濃厚なスープに合います!」と絶賛!

ちなみに、使われている食材のほとんどは千葉県産だそうです。その理由について店長にお聞きしたところ、「醤油は、180年前から天然醸造で作られている宮醤油店の醤油を使っていて、醤油自体のコク、旨味、存在感がすごくあるんです。この醤油を生かしたラーメンを作りたいと思っていて、その土地のものを使うと相性が良く、美味しいラーメンができるんです。そこで、千葉の食材にこだわって、千葉産の煮干や千葉産の豚など、極力、千葉県産の食材で作ってます」とのことでした。

このこだわりには、サッシャも感心! ちなみに、お店では消化を助けてくれるグリーンスムージーも人気だそうで、ラーメンを食べる前に飲むのがおすすめだそうです。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「STEP ONE」
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。