ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

スターウォーズのR2-D2を組み立てられるキット、1万3500円で発売

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

スターウォーズに登場するロボット「R2-D2」を組み立てられるキット「Droid Inventor Kit」がlittleBitsから発売された。

モジュールをつないで動かせるようにできるというもので、専用アプリを使えば新たなミッションも追加できる。スターウォーズファンはもちろん、映画を観たことがなくてもものづくりが好きな人は楽しめそうだ。

・組み立てる楽しみを何回でも

キットには必要なパーツがすべて入っていて、モジュール(6種類)、パーツ(23種類)などを組み立てていく。メカに強くなくてもアプリのインストラクションに従って作業すれば大丈夫だ。

電子回路に電源を供給するモジュール、信号を分岐させるモジュールなどを組み合わる仕組みで、一度つくれば終わりではない。組み合わせ次第でまったく違うDroidをつくることができ、何回でも楽しめる。

・映画のオリジナルサウンドも

R2-D2のモジュールにはセンサー搭載のものも含まれていて、完成したロボットに手をかざして押す動作をするとロボットが後ろに下がったり、ロボットが物を避けながら自動で動いたりする。

そのほかにもアプリには17種類以上のミッションやアクティビティが用意され、加えてスターウォーズのオリジナルサウンドも楽しめる。

自分だけのR2-D2が手に入れられるこのキット、価格は1万3500円となっている。

R2-D2/littleBits

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。