ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ハルカトミユキ、日比谷野音で5周年記念ライブ開催! 新曲&ツアー発表も!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

9月2日(土)東京・日比谷野外大音楽堂にて、ハルカトミユキのインディーズデビューから5周年突入を祝した集大成となる記念ライブが開催された。
9月2日(土)@東京・日比谷野外大音楽堂 (okmusic UP's)

ハルカトミユキが日比谷野音のステージに立つのは、2015年に開催されたフリーライブ『フリーライブ‘ひとり×3000’』、2016年開催『LIVE TOUR 2016 ‘LIFE’ FINAL』に続き、3度目。メンバーは、2016年の野音から6月にリリースされた3rdアルバム『溜息の断面図』のレコーディングを共にした、Gt.野村陽一郎/Ba.砂山淳一/Dr.城戸紘志を迎えた同布陣。

5周年記念ライブならではの定番曲「vanilla」「ドライアイス」「ニュートンの林檎」はもちろん、2人が一番最初に作ったという楽曲「夏のうた」の弾き語り、新曲の発表&初披露、会場中を感動させたバラード「宝物」「夜明けの月」、さらにKey/Choのミユキがギターをかき鳴らし、Vo/Gtハルカがトラメガ片手にステージ上を動き回ったニューアルバムからの「近眼のゾンビ」など、盛りだくさんの凝縮されたステージパフォーマンスが繰り広げられた。最新アルバム『溜息の断面図』からライブ初披露となる新曲も続々と披露され、二人の熱量の高いパフォーマンスも重なり、一気に秋めいた肌寒さを吹き飛ばす熱いステージに会場が一体となって興奮の熱に包まれた。

ライブ本編で初披露され、アンコールでハルカから新曲「手紙」が、11月4日に公開となる映画『ゆらり』の為に書下ろした主題歌で、前日の11月3日に同楽曲が配信限定シングルとしてリリースされることが発表された。さらに10月より、『溜息の断面図 TOUR 2017-2018 種を蒔く』と銘打った全国ツアーも解禁。10月からのハルカトミユキ本来の2人編成で行われるアコースティックスタイルの「種」篇。2018年1月からのサポートメンバーを加えたバンドスタイルで行う「花」編と、2段階で年をまたいで全国各地行われる。

新たな活動の発表を受け会場が期待と興奮に包まれる中、最後は二人の声が重なり合う「Vanilla」でライブは幕を閉じた。新アルバムを引っ提げて果敢に攻め込んでいたステージングは、5周年に突入した彼女らの前に進む力を改めて見せつけるものとなった。全国ツアーのチケットは、現在オフィシャルモバイルサイトにて、モバイル会員先行が受付中。日々進化を遂げる彼女たちの活躍にこれからも目が離せない。

Live Photo by 上山陽介
「手紙」 Music Video(short/映画『ゆらり』teaser ver.)

https://youtu.be/7X-eKjcv4nk『溜息の断面図 TOUR 2017-2018 種を蒔く~種~』
【種】2017年/Acoustic

10月20日(金) LIVE HOUSE enn 3rd(宮城)

10月22日(日) 悠日カフェ(栃木)

10月27日(金) ROOMS(福岡)

10月28日(土) 南堀江Knave(大阪)

10月29日(日) SOLE CAFE(京都)

11月04日(土) BL cafe(愛知)

11月12日(日) 7th FLOOR(東京)

11月12日(日) 7th FLOOR(東京)

<チケット>

モバイル会員先行受付中 

※「種・花」両公演

9月1日(土)21:00~9月6日(水)23:59

スマートフォンからアクセス

http://arena.emtg.jp/harukatomiyuki/
『溜息の断面図 TOUR 2017-2018 種を蒔く~花~』
【花】2018年/Band

1月13日 (土) 新バナナホール(大阪)

1月14日 (日) APOLLO BASE(愛知)

1月27日 (土) BAYSIS(神奈川)

2月02日 (金) LIQUIDROOM(東京)

<チケット>

モバイル会員先行受付中 

※「種・花」両公演

9月1日(土)21:00~9月6日(水)23:59

スマートフォンからアクセス

http://arena.emtg.jp/harukatomiyuki/
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。