体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ルパン三世 ルパンVS複製人間』MX4D(R)版いよいよ明日公開! 吉川惣司監督「満足な仕上がり」

%e3%83%ab%e3%83%91%e3%83%b3%e4%b8%89%e4%b8%96%e3%83%9e%e3%83%a2%e3%83%bc%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%83%e3%82%af

『ルパン三世 カリオストロの城』に続き、1978年に劇場用長編第1弾として公開した不朽の名作『ルパン三世 ルパンVS複製人間(クローン)』がMX4D(R)版として、9月1日(金)から全国のTOHOシネマズほかMX4D(R)スクリーンにていよいよ公開!

%e8%a4%87%e8%a3%bd%e4%ba%ba%e9%96%93%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%88

今年1月に『ルパン三世 カリオストロの城』がMX4D(R)版として公開され話題に。個人的には「またカリオストロか……」という気持ちだったのですが、『ルパン三世 ルパンVS複製人間(クローン)』もMX4Dで劇場に蘇る! しかも! シリーズ初の4Kリマスター化+5.1chデジタルサウンド化&映画のシーンに合わせて客席のシートが、前後、左右、上下に動き、風、ミスト、ストロボ、煙や振動など、五感を刺激する特殊効果があるMX4D(R)版です。

◆4Kリマスタリングとは
公開当時のオリジナルネガフィルムを1コマ単位で4Kデジタルスキャニングをし、解像度の高い4Kマスターを作成。デジタル補正作業に加えて、フィルムに付着した汚れ・キズをデジタル上で除去する作業を行い、35ミリオリジナルネガフィルムの潜在能力をフルに引き出した高鮮明・高精細な映像を実現するものです。

振動などの特殊効果はともかく、4Kリマスター化、当時モノラルだった音声の5.1chデジタルサウンド化は魅力的。そして、劇場用長編第1弾の懐かしいキャストの声も堪能できる!

また、前回同様、今回も入場料金を従来のMX4D(R)版(一般3,000円)よりも安価な2,200円均一!

img_136184_3

入場者には枚数限定で特製オリジナルステッカーを配布。ルパンと今回の映画の宿敵マモーの2ショットが描かれた貴重なステッカーです。

img_136184_4

MX4D(R)版は吉川惣司監督による監修のもと制作。

<吉川惣司監督 メッセージ>
『ルパン三世 ルパンVS複製人間 』(MX4D(R)版)公開によせて
1978年に公開されたアニメ『ルパン三世』は、私が31歳の時に初めて監督したのですが、製作当時、劇場長編アニメは『さらば宇宙戦艦ヤマト』だけでした。テレビもマンガも「血と汗と涙」のスポ根一色の時代です。アダルトっぽい「洋画風」アニメが当たるわけがないと思われていました。ただ監督をまかされる機会は二度とないと思い、シナリオ段階からSFや40年前の科学知識などを注ぎ込みました。『映画を盗め』という裏テーマのもと、いろいろな映画のパロディを指摘できないほど散りばめようとしました。ただスケジュール的に不満の残る仕上がり部分が多く、最新映画に比べられても困るなと、劇場公開は気が進みませんでした。
ところが今回、MX4D(R)版として、積極的にプログラム演出をしていただき、私の目にも別作品のようです。なにより、感傷と感動を切り捨てたスラップスティック・コメディであることが鮮明になったようです。半信半疑で監修に臨んだのですが、満足な仕上がりです。ぜひ劇場でMX4D(R)の迫力をお楽しみ下さい。

1 2次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。