体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【アツモリッ!】ネットで「熱盛」が大人気 ニコ動のコメントアートやChrome拡張機能の自作も

atsumori

「あつもり!」「アァーツゥーモォーリィー!」「アァツモリィッ!!」など、その読み方は様々なパターンが確認されている「熱盛」。テレビ朝日系報道番組『報道ステーション』のスポーツコーナーにて、主にプロ野球の「熱く盛り上がった」シーンを紹介する際に用いられる演出(テロップとナレーション)だ。

そんな「熱盛」は、たびたび「誤爆」と呼ばれる現象に見舞われている。福岡市の現金強奪事件を紹介中に「アツモリッ!!」とキレの良い「熱盛」を披露したかと思えば、秋田市の気象情報を中継中に「アァツモッ!」と不完全燃焼な「熱盛」を投下してまった日もあった。

富川悠太アナウンサーの「失礼しました、熱盛と出てしまいました」というコメントともにネットで話題を呼び、「熱盛」のスタンプを自作する人が続出。それに飽き足らず、中には『YouTube』や『ニコニコ動画』に一定の確率で「熱盛」を投下するChrome拡張機能を開発する人も。


また、優秀なコメント職人が集まることで知られる『ニコニコ動画』の『けものフレンズ』第1話には、「熱盛」の見事なコメントアートが登場。


他にも、NHKのニュース番組と「熱盛」をマッシュアップした動画、音ゲーで操作ミスすると「熱盛」が表示されてしまう機能を開発した人など、それぞれ独自の楽しみ方を模索しているようだ。



まさに熱く盛り上がっている「熱盛」に、アァツモリイィィィッ!!

よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。