体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あらゆる色をコレクション!極小カラーセンサー「Nix Mini」が登場

SNSでの日々の投稿やチラシでのイベント告知など、発信する機会がなにかと多い現代、趣味や仕事でデザインに関わる作業が頻繁に発生するだろう。

見せ方を工夫するにあたっては、お気に入りの色をストックしておくことでレパートリーが格段に広がる。

そこで今回は、街を歩いていて欲しい色が目に留まった際に、自分のコレクションに追加できるプロダクト「Nix Mini」をご紹介する。

・カラーセンサーを持ち歩きあらゆる素材をスキャン

Nix Miniは、ダイヤモンド型をした超小型カラーセンサーだ。そのサイズは1.0×1.5inch(約2.5×3.8cm)とピンポン玉よりも小さく、重さは0.6ounce(約17.0g)と単三電池よりも軽い。

ポケットやカバンに忍ばせておけば、めぼしい色が見つかった際には即座に正確な色を測定できる。

物理の世界の色をデジタルで表すことが可能で、塗装された壁、ビニール、皮革、プラスチック、布、染料などの表面をスキャンしてカラーデータを取得。

RGB、CMYK、Hexの値を表示してくれる。この機能はホームページの作成などでは重宝するだろう。

・塗料ブランドやリアル店舗も照会

さらに便利なのが、スキャンした色の塗料にどのブランドのものが使われているのかをマッチングする機能。Nix Miniでは、1万種類以上のブランドの塗料が網羅されている。

近くのペイントストアも教えてくれるので、すぐさま塗料を買いに走ることも可能だ。

スキャンした色は、AndroidやiOSのアプリでスマホやタブレットのカラーパレットに保存。お気に入りの色のコレクションがつくれるので、もう色探しに苦労することはないだろう。

気になるのはバッテリ寿命だが、Nix Miniは内蔵充電式バッテリを使用しており、5000回以上のスキャンに耐えられるとのこと。Photoshop、Illustrator、InDesignなどAdobe製品との互換性があり、デザイン志向の人にとっては必須のアイテムとなりそうだ。

ぜひ使ってみたいという方はNix Miniの公式サイトから購入でき、現在は特別価格の79ドル(約8630円)となっている。

Nix Mini

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。