体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ボサノヴァの父」ジョビン生誕90年を祝うアルバム

エンタメ

「ボサノヴァの父」ジョビン生誕90年を祝うアルバム
J-WAVEの番組「GOOD NEIGHBORS」のワンコーナー「DAIWA HOUSE SECRET NOTES」(ナビゲーター:西村由紀江)。8月21日の週はアントニオ・カルロス・ジョビンをテーマにお送りしています。

8月22日(火)のオンエアでは、7月にリリースされた伊藤ゴローさんの全編ジョビンのカバーアルバム「アーキテクト・ジョビン」より、収録曲「シャンソン・プール・ミシェル」を紹介しました。

1927年1月25日生まれ、生きていれば90歳だったジョビンの生誕90周年を記念して、伊藤さんはこのアルバムを作ったそうです。

「ボサノヴァを生んだ人」として有名なジョビン。伊藤さんは、彼の創作活動の背景にあるクラシック音楽と、ブラジルの豊かな自然から受け取るインスピレーションの2つに着目し、ギター、ベース、バイオリン、ヴィオラ、チェロ、ピアノというアコースティックな編成で、ジョビンのカバーアルバムを録音しました。

ジョビンの名曲はフランク・シナトラからエイミー・ワインハウスまで数多くのアーティストがカバーしていますが、伊藤さんのアルバムはミニマムで大胆なアレンジと新たな切り口で聴かせてくれます。

若くしてボサノヴァを誕生させ、大作曲家として名声を得たジョビンは、70年代から80年代にかけて発表する作品は減っていきながらも、一方で自然保護活動に力を注ぎ、環境問題へのメッセージを込めた楽曲を発表し続けました。そんな姿勢も、後の多くのアーティストたちへ影響を与えました。

23日(水)のオンエアでも引き続き、アントニオ・カルロス・ジョビンの音楽とその人生についてお送りします。放送は15時10分頃です。お楽しみに!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「DAIWA HOUSE SECRET NOTES」
放送日時:月・火・水・木曜 15時10分−15時15分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/secretnotes/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会