体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

MTV『Storytellers』日本初制作第一弾はSCANDAL。ビルボードライブ大阪で結成記念日に特別ライブを披露

エンタメ
MTV『Storytellers』日本初制作第一弾はSCANDAL。ビルボードライブ大阪で結成記念日に特別ライブを披露

 8月21日、大阪・Billboard Live OSAKAにて、4人組ガールズバンド・SCANDALによるMTVの人気番組『Storytellers』の収録が行われた。『Storytellers』とはシーンを牽引するトップアーティストが普段とは異なる小規模な会場でオーディエンスと親密な空間のなか、楽曲誕生のエピソードや曲に懸ける思いなどを語りながらライブを披露する企画。1996年のスタート以来、デヴィッド・ボウイ、アリシア・キーズ、グリーン・デイ、コールドプレイ、エド・シーランなど世界を代表するアーティストが出演してきた。

SCANDAL ライブ写真(全3枚)

 そして今回、日本制作第一弾アーティストにSCANDALが選ばれた。ライブ収録日がちょうどバンド結成11周年を迎える彼女たち(RINAの誕生日でもある!)。デビューからこれまでに、アリーナツアーやワールドツアーなどを成功に収め、その実力を確かなものにしてきた彼女たちがバンド結成の縁の地である大阪で、これまでにない特別な一夜に挑んだ。

 この日限りのプレミアチケットを手にした観客らはドレスコードもあり、みないつもとは違ったお洒落な装いで会場に集まった。開演前にはメンバーが考案したスペシャルカクテル「Honey Eleven(“8/21で11周年”にかけたもの)」や食事などを楽しみ、メンバーの登場を今か今かと待ちわびていた。

 黒を基調にしたドレッシーな衣装に身を包んだメンバーがリラックスした表情でステージに登場すると、オープニング曲「瞬間センチメンタル」へ。初っ端からライブ定番曲を打ち出し、一緒にステージを作り上げていこうと観客を煽っていく。さらに「この会場に似合うだろうな」と、次曲「キミと夜と涙」へ。MAMI(Gt&Vo)の弾き出す抒情的なメロがより際立ち、HARUNA(Vo&Gt)の華やかな歌声がよりじんわりと染み込んでいく。また、自分たちのルーツやこれまでに経験したものを詰めこんだという「LOVE ME DO」では、バンドが持つ多彩な表情にじっくりと魅入る観客の姿も印象的だ。

 ライブ中盤には、この日限りのステージとしてMAMI(Gt&Vo)がアコギ1本で「声」を披露。さらに特別編成でのライブは続き、「バンドを11年もやっていると、SCANDALのコピーバンドを始める人がいる。音楽を始めるキッカケが自分たちであるということが本当にうれしい」と語り、SCANDALのコピーバンド経験があるファンをステージに呼び込み、デビューシングルの「DOLL」を特別編成で演奏。緊張するファンを支えつつ一緒になってライブを楽しむ彼女らの姿は、11年のバンド経験がそうさせるのか、なんとも頼もしく貫禄すらも感じてしまう。

 さらに、「1番新しい、誰も聴いたことのない曲をやってもいいですか? みんなと一緒に成長させていきたい曲です」と、新曲「恋するユニバース」もいち早く披露。これからの彼女たちのライブで大きな起爆剤に成り得るだろう、ど真ん中を走る爽快なロックナンバーに初めて聴くオーディエンスも喜々としてハンズクラップで音に応えていく。

 MCでは、年々ライブバンドとしての思いが増していくと語る彼女たち。「バンドの自信に繋がった曲。もっとたくさんの人に知ってほしい」と、「テイクミーアウト」へ。プレイヤーとしての4人の個性を全面に押し出した楽曲はより渋さを増し、TOMOMI(Ba&Vo)とRINA(Dr&Vo)の打ち出す力強いリズムに観客らは体を大きく揺らし、音に浸っていく。

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会