体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

こんな使い方があった!【重曹】の活用術11選<消臭編>

こんな使い方があった!【重曹】の活用術11選<消臭編>

掃除から消臭までこなす万能アイテム、重曹を使った消臭術をご紹介します。重曹を入れた容器を置いたり、ニオイが気になる場所に振りかけたりとその方法はとっても簡単。キッチンから下駄箱、トイレに至るまで、ニオイが気になる場所は重曹で消臭しちゃいましょう。

目次

重曹を消臭剤として使うメリット

重曹を使った消臭術【ニオイが気になる場所編】

重曹を使った消臭術【お部屋編】

重曹を使った消臭術【収納編】

重曹を使った消臭術【洗濯物編】

重曹を使った消臭術【キッチン編】

 

重曹を消臭剤として使うメリット

© PIXTA

このところご家庭でできるアイデアとして、重曹を使う動きが広まっています。
重曹を便利アイテムとして使うことでどんなメリットがあるのか、ご紹介しましょう。

人にやさしい掃除グッズ
重曹は肌に触れても害がないため、消臭剤や掃除道具としては比較的安全に使用できるのがポイント。
中には食用の重曹も存在しています。

 

使用後は掃除などに再利用できる
重曹はさらさらとした白い粒状の形状で、研磨作用を持っています。
消臭剤として使い終わったら、掃除に再利用すると節約になりますよ。

 

値段が安く低コスト
重曹はドラッグストアのほか、薬局・スーパーなどでも購入できます。
その価格も600グラムで約300円前後と、とってもリーズナブルです。

 

重曹を使った消臭術【ニオイが気になる場所編】

ではさっそく、実際に重曹を消臭に使ってみましょう。
ここではトイレやゴミ箱など、ニオイが気になりがちな場所での使い方をご紹介します。

 

トイレの消臭も低コストな重曹で

© PIXTA

ニオイが気になる場所の筆頭といえば、やはりトイレ。
既に芳香剤などを使用している方もおられるかと思いますが、重曹でもニオイを消臭することができますよ。
重曹を小瓶などの容器に詰めて消臭剤として使用したり、サニタリーボックス内も底部分に重曹を振りかけて、低コストでニオイのない空間を目指しましょう。
容器に入れる際はガーゼなど通気性のあるものでフタをして、臭いを持つ空気が重曹と触れるようにしておくのがポイントです。

 

ゴミ箱は重曹を振りかけて消臭

小さなお子さんのいるご家庭ではおむつ、またペットのいるご家庭ではトイレシートなど、ゴミ箱に直接捨てるとニオイの原因になりそうなものも、重曹を使ってニオイを軽減させることができます。
臭いそうなものを捨てた際には、重曹をゴミ箱に適量振りかけて、イヤなニオイを防ぎましょう。

 

重曹を使った消臭術【お部屋編】

© PIXTA

臭いがこもりがちな空間でも、重曹で消臭することができます。
こちらも重曹を瓶に詰めて、ガーゼをかぶせるだけです。
おしゃれな瓶に入れれば、インテリアとしても楽しめますよ!

 

リビングのような広い空間にも

家族が集まるリビングは、ニオイがこもりやすい空間のひとつ。
設置されたソファやクッション、カーペットなどがニオイの原因になっている可能性もあります。
小瓶などの容器にいれた重曹消臭剤なら、こうしたニオイの消臭に役立ちます。
小さなお子さんやペットがいるご家庭は万が一を考え、置き場所に注意してくださいね。

 

重曹を使った消臭術【収納編】

© PIXTA
1 2次のページ
Pacomaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。