体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ついに冒頭13分も公開! 映画『ジョジョ』本編映像を見せ過ぎで「原作フォロワーならだいたい物語が分かる」説

jojo_main

8月4日より全国公開された映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』。言わずと知れた荒木飛呂彦氏による同名漫画の実写化だが、シリーズ累計発行部数1億部超えの人気原作に反して、公開1週目の全国週末興行成績(興行通信社提供)では初登場5位という結果に。

公開1週目は『怪盗グルーのミニオン大脱走』、2週目は『スパイダーマン:ホームカミング』など強力なライバルがいたのは確かだが、配給としては見込みが外れた結果だったのだろう。本編映像を続々と解禁するプロモーションに打って出ると、ついに映画の冒頭約13分間を公開するに至った。予告編などを除いた本編映像だけを数えても計10本。これはプロモーションとして吉と出るのか凶と出るのか……。ひとまず、物語の時系列に沿って整理してみよう。

(以下、公式が解禁している情報なのでネタバレとは言わないかもしれないが、新鮮な気持ちで映画を楽しみたい人はまず劇場へどうぞ)

映画『ジョジョの奇妙な冒険』オープニングタイトル(YouTube)
https://youtu.be/J35PZ7pkJ3o

アニメ版に近いビビッドな色使いに、マーティ・フリードマン提供の楽曲がクールなオープニング。「スタンドの矢」が登場することも暗示されている。

映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』本編映像13分(YouTube)
https://youtu.be/68wL0e8JQhk

先ほどのオープニンタイトルを含む冒頭13分の映像。広瀬康一(神木隆之介)は杜王町に引っ越してきたばかりで、ナレーション(心の声)も駆使し、狂言回し的な立ち位置となっている。

町で起こる連続変死事件をチラつかせつつ、不良相手に“不思議な能力”を発動する東方仗助(山﨑賢人)、康一を特別に気に掛ける山岸由花子(小松菜奈)、スタンドの存在や仗助の出自を説明する空条承太郎(伊勢谷友介)が登場。最後にはスタープラチナとクレイジー・ダイヤモンドのスタンドバトルも拝むことができる。映画向けの改変を加えながら、原作の冒頭部分をなぞっていることが分かる。

映画『ジョジョの奇妙な冒険』クレイジー・ダイヤモンドVSスタープラチナ(YouTube)
https://youtu.be/fJXsa2P6vBE

1 2 3次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy