体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

インスタ映えを狙いすぎた怪メニュー!「ジョッキ麺」のインパクトが無双すぎる【名古屋】

f:id:Meshi2_IB:20170804131945j:plain

お酒を飲んだ後の〆ごはんも居酒屋店での楽しみの一つ。私なんぞは、〆ごはんを美味しく食べるために飲んでいると言ってもいいほどである。

ところで、居酒屋店の〆ごはんといえば、皆様は何をイメージするだろうか。

お茶漬け? それとも雑炊? おにぎり? ラーメン? あ、店主自慢の手打ち蕎麦を〆に出すお店もあると思う。

お酒と料理を気軽に楽しめるお店

多くの飲食店が軒を連ねる名古屋・栄3丁目の一角、雑居ビルの3階にある居酒屋店「住吉町 もくらん」では、かなりユニークな〆ごはんがあるというので行ってきた。

f:id:Meshi2_IB:20170804131825j:plain

こちらが、店主の藤原幹彦さん。

f:id:Meshi2_IB:20170804131842j:plain

藤原さんは高校卒業後、大手外食チェーンに勤務。新店舗の立ち上げやメニュー開発などを担当していた。

20歳のときにはニューヨークでコーヒーショップをオープンさせたこともある。扱った料理は多岐にわたり、洋食をはじめ、和食や麺類、弁当まで作った。

「すごくマルチな才能を持っていると思われがちだけど、“薄っぺら広~い”だけ(笑)。外食チェーンを辞めた後は、うどん店やカレー屋さん、喫茶店をやっていた。その後、焼酎ブームにのって焼酎バーをオープンさせたんだけど、もっと気楽にお酒と料理を楽しんでほしいと思って、今のお店に移転リニューアルしたんだよ。3年前になるかな」(藤原さん)

名物「焼きシューマイ」

〆ごはんを作ってもらう前に、藤原さん自慢の一品をアテに飲むことにした。その方がより〆ごはんおいしく食べられるってもんだ。

で、出してくれたのがこれ。ん? これは餃子?

f:id:Meshi2_IB:20170804131855j:plain

「ウチの名物『焼きシューマイ』(486円)だよ。僕は餃子が大好物で、専門店をやろうと思ったことがあるくらい。でも、ライバル店も多いし、皮からこだわって作らなきゃならない。そこで、シューマイなら勝負できるかもしれないと(笑)。フツーに出してもつまらないから、作ったシューマイをつぶして焼いてみたんだよ」(藤原さん)

f:id:Meshi2_IB:20170804131924j:plain

辛子醤油をつけてパクリ。うん、うまい!

餃子は皮を、シューマイはあんを味わうといわれるが、これはそれぞれイイトコどり。無性にお酒が飲みたくなってくる。

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。