体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【沿線調査】都心と風情ある郊外を結ぶ! 東京メトロ千代田線沿線の住み心地

【沿線調査】 都心と風情ある郊外を結ぶ! 東京メトロ千代田線沿線の住み心地

代々木上原駅から北綾瀬駅までを結ぶ、東京メトロ千代田線。代々木上原駅からは小田急小田原線、綾瀬駅からはJR常磐緩行線と相互直通運転をしており、都心部だけでなく、茨城方面へ向かう際にも重宝する路線だ。今回は、そんな東京メトロ千代田線沿線で暮らす人々にアンケート調査を実施。オススメポイントやその住み心地を聞いた。

一路線のなかに繁華街、ビジネス街、歴史がつまっている!

東京メトロ千代田線の停車駅は、霞ヶ関駅や赤坂駅などのビジネス街、オシャレな街の代表ともいえる表参道駅、明治神宮前駅や湯島天神(湯島天満宮)の最寄駅・湯島駅といったパワースポット的なところまで幅広い。そんな東京メトロ千代田線沿線に住む人たちは、どんなところが気に入っているのか?聞いてみた。

●好きなところ(複数回答)

1位:どこに行くにも便利(78.6%)

2位:ほかの沿線に乗り換えしやすい(55.2%)

3位:運行本数が多い(43.4%)

4位:好きな駅やスポットがたくさんある(20.7%)

5位:家賃や物価が安い(19.3%)

6位:乗車運賃が安い(13.1%)

7位:都心のターミナル駅に出なくても沿線上に栄えた駅があって便利(11.7%)

8位:これから発展していきそう(9.0%)

9位:遅延が少ない(7.6%)

10位:ラッシュ時も混雑が少ない(6.9%)

上位は、「どこに行くにも便利」「ほかの沿線に乗り換えしやすい」「運行本数が多い」といった、交通利便性に関する項目が独占した。通勤や通学のしやすさなどを考慮して住まいを選ぶ人は多いため、上位に来るのは当然といったところだろう。

そこで今回は、ほかの項目に注目してみた。まず、4位「好きな駅やスポットがたくさんある」のコメントでは、「古いものと新しいものが共存していて、下町や神社仏閣、渋い喫茶店、ミニギャラリー、古書店など、好きなものが凝縮されている」(53歳・女性)や、「北千住や湯島、新御茶ノ水など、特色のあるスポットが点在している」(44歳・男性)などの意見が挙がった。

また、回答者は少ないが、「これから発展していきそう」の項目も気になるところ。2018年3月のダイヤ改正をもって、代々木上原駅での小田急線から千代田線への直通線が増加。それに伴い、通勤時間が短縮し混雑率が緩和することで、さらなる都心へのアクセス向上が期待されている。

さらに、東京メトロは2018年度を目途に、北綾瀬駅のホーム延伸による代々木上原方面からの10両編成列車直通運行を発表。東京メトロ千代田線はこれまで車両の編成の都合で本線と支線にわかれており、終点の北綾瀬駅に行くには手前の綾瀬駅で乗り換えをしなければいけなかったが、それが改善されることでこちらもアクセス向上に一役買うだろう。

そうしたことも影響してか、「北綾瀬駅からの直通運転開始に向け、まわりにマンションが建ち始めている」(52歳・男性)、「マンションが多く建てられているので、それに合わせてお店なども増えそう」(37歳・女性)といった、今後の発展に期待を寄せる声もあった。

乗り入れの影響で混雑…さらに混雑の影響で乗客マナーが悪化!?

沿線の好きなところではさまざまな意見が挙がったが、反対に改善してほしいと感じるところはないものだろうか? そう思い、「今住んでいる沿線で、もう少し改善されると良いのに……と思うところはどこですか?」と聞いてみたところ、以下のような結果に。

●改善してほしいところ(複数回答)

1位:通勤ラッシュ時の混雑が激しい(46.7%)

2位:悪天候時や事故など、遅延が多い(22.0%)

3位:あてはまるものはない(20.0%)

4位:乗客のマナーが悪い(15.3%)

5位:駅のエレベーターやエスカレーターが少ない(13.3%)

5位:乗車運賃が高い(13.3%)

7位:運行本数が少ない(12.0%)

8位:駅やホーム、トイレが清潔ではない(10.7%)

9位:終電が早いもしくは始発が遅い(10.0%)

10位:ほかの線との乗り換えが不便・面倒(8.0%)

1位は「通勤ラッシュ時の混雑が激しい」。「乗車人数が多すぎて乗り切れなかったり、遅延がよく発生したりする」(24歳・女性)、「朝晩の混雑は地獄」(60歳・男性)などのコメントのほか、「小田急線から乗り換えにくる人が多い」(45歳・女性)、「JR常磐線からの通勤客が多く、身動きが取れないくらい混む」(46歳・男性)と、相互乗り入れしている路線からの乗客の分、混雑が激しくなると感じるユーザーも多い。沿線上には、赤坂駅や日比谷駅などのオフィス街もあり、また、新御茶ノ水駅周辺には明治大学や日本大学歯学部のキャンパスもあるため、たしかにビジネスパーソンや学生の利用は多いのかもしれない。

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。