体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【大発見】 日清『麺なしラーメン』に麺を入れたらラーメンになった

img_4498-23

日清さんから発売予定のサンプルを入手したのだが、様子がおかしい。

img_4436-4

フタには「麺なしラーメン」と書いてある。麺なしラーメンて。スープ? スープなのか? パッケージを見た僕らのクエスチョンマークは止まらない。
商品は『麺なしラーメン 豚骨豆腐』と『麺なしラーメン 坦々豆腐』の2種類。

『麺なしラーメン 豚骨豆腐』のメインパッケージには、「麺の代わりに絶品豆腐! 濃厚コク旨豚骨スープ!」「糖質わずか3.6g」とある。

img_4442-7

うーん、なるほど、つまりこれは「豆腐スープ」だな。なのになぜ「麺なしラーメン」などと。解せない。

まずは作り、そして食べてみる

中身を見てみよう。液体スープ、豆腐、かやく(またはかやく入り粉末スープ)の3点が入っている。
豚骨豆腐の方には、コロチャーか謎肉らしき物体も。

img_4465-16 img_4452-12 img_4462-15

作り方は至って簡単。豆腐とかやく(粉末スープ)をカップに入れ、内側の線まで注ぐ。20秒ほど待って液体スープを入れたら完成だ。
液体スープは食べる直前に入れるので注意しよう。

img_4471-18 img_4469-17 img_4483-19

お湯を入れた瞬間、豆腐の香りがたちこめ、これにはちょっと感動。それぞれの液体スープを入れ、そっとかき混ぜると、強くない自然な“美味しい香り”が漂う。

img_4485-20

まずは『麺なしラーメン 豚骨豆腐』から。豚骨スープなんだけれども、ものすごく滋味あふれる味わい。きちんと豚骨でダシを取った感じが伝わってくる。謎肉っぽい肉は、謎肉よりももう少しまとまりがあって、コロチャー3、謎肉7という印象の美味しいお肉。このじんわりだけど確実に美味しいスープ、間違いなくラーメンの豚骨スープだ。しかも上品な寄りの。豆腐のなめらかさがこれまたスープの味わいに合っている。

img_4489-22

お次に『麺なしラーメン 坦々豆腐』。見た目の鮮烈な赤さに反して、辛さはほどほど。ラー油の香ばしさの方が特徴的かもしれない。思ったよりもこってりではなく、さっぱりした方向の担々麺の味わいだ。好みによっては、少しお湯の量を加減して濃いめにしてもいいかもしれない。豆腐とのマッチングは言うまでもなく素晴らしい。

1 2 3次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy