体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

仕事の効率を妨げる「4つの敵」に、どう立ち向うべきか――ドラッカーからの伝言

『プロフェッショナルサラリーマン(プレジデント社、小学館文庫)』『トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」(日本経済新聞出版社)』等のベストセラー著者である俣野成敏さんに、P・F・ドラッカーの名言を解説いただくコーナー。第18回の今回は、「組織の成果を上げる際の障壁になるものとは?」の前回の続きをお送りします。

【P・F・ドラッカーについて】

ピーター・F・ドラッカー(1909〜2005)は、オーストリア出身の著名な経営学者。激動のヨーロッパで古い価値観・社会が崩壊していくのを目撃。ユダヤ人の血を引いていたドラッカーはナチスの台頭に危険を感じて渡米、ニューヨーク大学の教授などを経て、執筆と教育、コンサルティング活動等に従事する。

ドラッカーが深い関心を寄せていたのは、社会において企業が果たす役割についてであり、生涯にわたって、組織内で人をよりよく活かす方法について研究、思考し続けた。「マネジメントの父」と呼ばれ、GE社のジャック・ウェルチ氏やP&G社のアラン・ラフリー氏など、ドラッカーを師と仰ぐ世界的な経営者は数多い。

f:id:fujimine:20170807131827j:plain

こんにちは。俣野成敏です。

著名な経営学者であるP・F・ドラッカー氏の言葉を「私なりの解釈を付けて読み解いていく」というこのコーナー。

世界中に支持者を持つ一方で、難解と言われることも多いドラッカー氏ですが、残された著書を紐解くことによって、長年にわたり世界的企業の第一線で指導を続けた氏の真髄に触れることができます。これを機会にぜひ氏に親しんでいただき、氏の英知をご自身の仕事に取り入れていただくきっかけとなりましたら幸いです。

本日は、前回に続き、下記の名言について解説いたします。

【本日の名言】

「通常、組織に働く者は自分ではコントロールできない四つの大きな現実に囲まれている。それらの現実は、いずれも組織に組み込まれ日常の仕事に組み込まれている。彼らにとっては、それらのものと共生するしか選択の余地はない。しかも四つの現実のいずれもが、仕事の成果をあげ業績をあげることを妨げようと圧力を加えてくる」

(P・F・ドラッカー『経営者の条件』)

前回は、組織の中に存在している「仕事の成果を妨げる“四つの現実”」について説明しました。その四つの現実とは、

(1)他人によって奪われる時間

(2)際限のない日常業務

(3)他者に依存している成果

(4)外部から遮断された環境

(言葉は著者が一部を要約)

この四つの現実は「変えることができない」とドラッカー氏は言います。避けることができない以上、これらがある前提で考え、行動していくしかありません。

前回、(1)「時間」について、私の事例をもとにお話しました。今回は他の3つに関して、それぞれ解説を加えていくことにしましょう。

あなたがやっているのは、本当に必要な仕事なのか?

まずは(2)「日常業務」についてですが、ドラッカー氏は「断固たる行動をもって変えないかぎり、日常の仕事の流れが彼の関心と行動を決定してしまう」と述べています。つまり「惰性」です。人は何も考えないでいると、とりあえず「目の前の仕事」「昨日の続き」に手をつけてしまいがちです。

普段、日常業務を改善するためによく叫ばれているのが効率化ですが、効率化とは、実のところ「今ある作業の手順を見直している」だけに過ぎません。けれど本当に大事なのは「その作業はそもそも、必要なのかどうか?」ということのほうです。

もちろん、会社はやる必要のある仕事だと思っているからこそ、あなたに仕事を頼んできています。ところが仕事の中には、以前は必要とされていたけれども、今はすでにやる意味を失った業務などが混じっていることがあります。また、同じ仕事を別の部署も重複してやっているような場合もあります。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。