体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ガジェット女子:SHO-NO(『CHEERZ』コラボ企画)

素敵なモデルさんやアイドルを撮影させてもらっているガジェット女子です! こんにちは。

今回はガジェット女子特別編。人気アイドル応募アプリ『CHEERZ』さんとのコラボ企画として「CHEERZ NEXTでのガジェット女子撮り下ろしイベント」を行い、見事選出されたSHO-NOさんを撮影させていただきました。

SHO-NO(しょーの)
ニックネーム:しょーの
生年月日:8月10日
特技:溶接、測量、ドラム
趣味:サッカー観戦

CHEERZアプリ:https://cheerz.cz/【リンク】
Twitter:@SHO_NO88【リンク】
ブログ:SHO-NOオフィシャルブログ「¡Hola!」http://ameblo.jp/shono810/ [リンク]

モデルを中心に活躍されているSHO-NOさん。整った顔立ちはまさに美人という言葉がぴったりな方。美人なSHO-NOさんですが気取った様子はなく、気さくな感じが印象的。見た目とのギャップで溶接や測量が得意という一面も。大のサッカー好きというのもあり、サッカーについても熱く語ってくれました。

――特技を教えてください。

工業高校出身なので溶接や測量とかです。ドラムも9年間ほどやっていました。

――工業高校出身だと女の子が少ないと思うんで、SHO-NOさんは目立っていたんじゃないでしょうか?

よく言われるんですけどそんなことないです。本当にモテなかったです。私が思っていたのと違いましたね(笑)

――ドラムを始めたきっかけを教えてください。

お父さんがバンドをやっていてその影響です。最初はギターから始めたんですけど、まったくできなかったんです。渋々ドラムを始めたらドラムに落ち着きましたね。

――ドラムってかっこいいですよね。

かっこいいって言われるんですけど、叩いている側からすると自分から前に出て客席を煽って盛り上げたいんですよね。1回でいいからモニタースピーカーに足を乗せてみたかったです。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy