体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

NO MORE MUSIC Issue : NEKO feat. Anicli24

NeoL_NO MORE MUSIC_NEKO_Photography : Takuya Nagata | Styling : Masako Ogura | Hair&Make Up : Katsuyoshi Kojima | Edit : Ryoko Kuwahara | Model : Keito

OKAMOTO’Sのニューアルバム『NO MORE MUSIC』発売を祝して、NeoLでは収録曲10タイトルにインスパイアされた10記事とイメージヴィジュアルを1ヶ月にわたって随時掲載していく。第4回目は“NEKO”をテーマに、24時間365日の電話相談専門の動物病院Alicli24の院長・三宅亜希が猫の特性や飼い方をレクチャー。

——今回は猫を飼うにあたってのアドバイスをおうかがいさせていただきたいのですが、まず基本中の基本として、迎え入れる家をどのような状態にしておけばよいのか教えていただけますか。

三宅「猫は犬と違って、わりと自分だけでも家に居られる動物なので、日中に家に居ない方でも飼いやすいというのはあります。ただ特に子猫は、いろんなものにイタズラしたり、誤ってなにかを飲み込んだりすることが多いので、コード類やコンセントはカバーをつけたり、床にモノを置かないことは徹底してほしいですね。また、人間には害のないアロマや観葉植物も猫には毒になることがあるので、猫がいるスペースには置かないようにしましょう。猫は元々木の上に住んでいて、獲物を狙って狩りに行く動物だから、上下運動が大好きです。キャットタワーがあると喜ぶと思いますし、キャットタワーがなくても上手く家具などを階段状態にして遊べるとストレスがかからず暮らせるかなと思います」

——食事はどのような間隔でどういったものを与えるのがよいのでしょう。

三宅「4〜5ヶ月になっていれば、1日2食でいいので、朝晩のご飯をあげれば大丈夫。ご飯はドライフードをあげる方が多いです。生後2、3ヶ月までの間は3、4回はあげてほしいですね。離乳食のようなものも売っていますが、子猫用のドライフードをお湯などでふやかして、柔らかくしてあげたり。もちろん、子猫用のウェットフード缶詰めでも大丈夫です。
飲み水で言うと、猫は元々砂漠の動物と言われていて、あまり水を単独で摂取しない動物なんです。ウェットフードであれば食べ物から水分をとれるので、水単独でそんなに飲まなくてもよくなるのでオススメです。水だけを置いていても積極的に飲まないことが多いのですが、流水は好んで飲んだりするので、常に水が循環している猫用の給水器を使うのもいいかもしれません」

——猫とパートナーシップを築くうえで大切なことは?

三宅「テーブルの上に乗るのをやめてほしいときに、霧吹きのようなものでちょっと水をかけると驚いてやめてくれたりもしますが、猫は基本的に躾をする動物ではないんです。だから、こちらが合わせて、猫が好むような環境を整えてあげること。犬だったら、トイレじゃないところで排尿してしまったら躾が足りないとなるけれど、猫の場合はトイレを気に入ってくれるように気に入った猫砂を探したり、トイレの環境を整える。怒ったり、大きい声を出したり、叩いたりしても怖がらせるだけなので、猫相手には効きません。例えば猫は触って欲しいんだけど、ある限界を超えると、もうやめてと引っ掻いたりするから、そういう見極めを飼い主ができるように心がける。実際、猫の飼い主さんは、猫に気に入って頂ければ幸せという方が多いです。
例えば見知らぬ猫さんと仲良くなりたい場合は、猫は2メートルくらいまでは近付かせてくれるんですが、それ以上はすごく親しい間柄でないと逃げてしまうんです。だからギリギリの距離で止まって、目を見ないままでちょっと美味しそうなものを持ってると向こうから近付いてくれるかもしれません。人間の世界では目が合うと挨拶するのがマナーですが、猫の世界では見ていると敵意があると思われるんです。よく猫の顔を見ながら近づいていく人がいますが、猫としては、あれは喧嘩を売られていると思ってしまうので逃げるんですよ。仲良くなるための基本原則は、大きな声や音は出さない、近付きすぎない」

——猫の病気はどのようなものが多いんですか。

三宅「子猫は消化機能が未成熟なので、吐いたり、下痢しやすい。大人になってからは、毛玉を飲み込んでも普通は吐いて終わりなんですが、上手く吐けなくて胃腸の動きがちょっとズレたり、治療が必要になったりすることがあります。もっと歳をとってくると、泌尿器系の病気が多くて、尿結石や膀胱炎など慢性の腎臓病になる子がとても多いです。人間は人工透析ができるけど、猫の世界ではできても大変な費用がかかって現実的ではないので、薬を定期的に飲んでいる子がほとんどです。本来だったら出してはいけない水分が尿と一緒に出ていって脱水状態になるので、脱水がある場合は点滴をしたり、腎臓病の子用の補助食に切り替えます。前述したように、猫は水分をあまり摂らないので濃縮されるというのもありますし、尿管が細いので詰まりやすいんです。水分を積極的に摂って、ちゃんと新しい尿を作って出していれば膀胱炎などになりにくいかもしれませんね。
今は、キャットフレンドリー・クリニックという、猫を愛する先生たちが、猫がストレスを感じないような病院作りをしているところがすごく多くて、猫専門病院も増えています。もし家の近くにそういう病院があれば、病院嫌いになりにくくて、体調管理にいいと思います。専門でなくても、この時間は猫しか看ませんというキャットアワーを設けている病院もあるので、ぜひ調べてみてください。待合室で犬の鳴き声が聞こえるだけでも、白衣に犬の匂いがついていても猫にとってはストレスなんですよ。犬は、猫の匂いがしてもちょっと興奮するくらいなんですが、猫は警戒して早く帰りたいという感じになってしまうんです」

1 2次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。