体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「僕の気持ちをあんな風にけなすなんて!」少年の心を深く傷つけたある一言とは? ついに引き裂かれる幼い恋人たち ~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

「来たのに逢えない」障子越しに一夜を明かす恋人たち

頭の中将の再訪問の翌日、今度は夕霧がやってきました。先日は伯父さんに邪魔されて、雲居雁とゆっくり過ごせなかったので、どうしても彼女に逢いたくなって来たのです。

ところが、いつもはニコニコと迎えてくれるおばあちゃんも、今日に限って厳しい顔。そして「あのね、こんな風に言いたくなかったんだけれど……」。

夕霧は何を言われているかすぐに察し、真っ赤になりながら「僕は勉強ばかりで、伯父上を怒らせるような事はしていません」。大宮はこれ以上言ってもと、かわいそうに思って話を切り上げます。

バレてしまった以上、これからは手紙のやり取りも難しいと思うと、夕霧の心は暗く沈みます。夕飯もろくに食べず、早寝したふりをしながら、なんとか逢えないかとばかり考えていました。

皆が寝静まった頃を見計らい、夕霧は雲居雁の部屋の戸に触れてみますが、開きません。いつもは鍵なんかかかってないのに…。

障子の向こうの雲居雁も起きていました。お父さんが来て以来、周りの大人に叱られてばかりでウンザリ。でも内心は子供っぽく(どうして夕霧と逢ってはダメなの。皆が言うみたいに、夕霧は悪い子じゃないわ。2人で仲良くすることの、何がそんなにいけないの?)とばかり思っていました。

原文にも”わが身やいかがあらむ、人やいかが思はむとも深く思し入れず”とあり、未だに自分のしたことがどう悪かったのかがピンときていません。それでも、脳天気な彼女には珍しく、空を渡っていく雁の声が切なく聞こえます。「雲居を渡る雁も、私みたいな気持ちなのかしら……」。

夕霧はその声を聞いて「ここを開けて。小侍従はいないの」。二人の間を取り持ってくれていた雲居雁の乳姉妹を呼んでみますが、もちろん誰も来ません。

夕霧の声にハッとして、雲居雁は慌てて布団をひっかぶりますが、心のなかでは夕霧がかわいそうでたまりません。行動を起こそうにも、すぐ近くに乳母が控えているので、騒ぐとバレてしまう。それきり2人は黙り込んでしまいました。

夕霧も仕方なく元の場所に戻りましたが(あまり大きなため息をついたら、おばあちゃんに聞かれるかも)と、今度はそっちも気になる。よく眠れないままに手紙を書いてみたものの、渡そうにも誰も取り次いでくれないので、不首尾に終わります。

もっと2人が大人であれば、隙を見つけて連絡し合う手段を作っただろうが、夕霧もまだ幼さの残る年頃なので、ただ切ないと思うばかりだった”と、語り手はまとめています。また”それほど騒ぐようなことではないのだが”とも。

本当に、人妻を無理やり手篭めにしたり、覆面して荒れ放題の幽霊屋敷に連れ込んだり、父帝の妃を妊娠させるのに比べたら微笑ましいばかりの2人ですが、それを許さないのは父親の頭の中将の存在です。

ある意味最強?言っても聞かない頭の中将の実行力

頭の中将は事の発覚以降、母・大宮を恨むあまり、一切の訪問を中止。正妻には事の次第を打ち明けていませんが、家でもずっとイライラしっぱなしです。理由もわからず不機嫌な旦那……奥さんもいい迷惑ですね!

雲居雁を預けっぱなしにするのはもうダメだ、こっちへ引き取ろう。頭の中将は早速「弘徽殿女御を宿下がりさせる。宮仕えの疲れも溜まっているだろうから、家でゆっくりさせてやろう。といっても、家にいても退屈だろうから、年の近い雲居雁を引き取って遊び相手にさせる」と正妻に言い、帝にも退出願いを奉ります。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy