体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

出世魚のようなお店。立石バーガーはモッチーピザをへて「立石バーガー&モッチーピザ」になった【別視点ガイド】

f:id:matsuzawa7:20170802143244j:plain

▲わたくし松澤(左)と立石バーガー店長・濱野さん(右)。真夏でも節電のためクーラーをつけないのでこういう顔になる

東京は葛飾にかつて立石バーガーというハンバーガー屋さんがあった。

私と立石バーガーとの出会いは2011年。運営している珍スポット紹介サイト「東京別視点ガイド」の取材で訪れたのが最初だ。

f:id:matsuzawa7:20170802143310j:plain

2011年当時の立石バーガーの外観がこちら。

わびさびだけで構成された、年代物の茶器みたいな建物である。

看板は上半分しかないが、立石バーガーと書かれていたことが推測される。

・手動販売機

f:id:matsuzawa7:20170802143243j:plain

立石バーガー最大の見どころだったのが、自動販売機ならぬ手動販売機だ。

販売機にお金を入れる→チャリンと音をたて落ちる→その音を聞いた店長さんが厨房のテグスを引く→台が傾きハンバーガーが滑り落ちてくる、という人間の五感に頼り切った超アナログな手作りマシーンである。

f:id:matsuzawa7:20170802143328j:plain

手動販売機には何種類かバージョン違いがあって、この台はニコニコ動画の生主が歌を歌ってくれた。

・ネーミングライツ

f:id:matsuzawa7:20170802143300j:plain

商品は物だけではない。以前は、ネーミングライツも販売していた。

500円払うと、一カ月間ハンバーガーに好きな名前がつけられるのだ。

渋谷公会堂は一時期「渋谷CCレモンホール」になっていたけど、一カ月で数百万円かかったとか。それにくらべればなんてお得な権利売買だろう。

f:id:matsuzawa7:20170802143303j:plain

私もこの権利を購入して、サイト名を冠したハンバーガーを販売していた。

ハンバーガーなのに意表を突いて「東京別視点ガイド丼」と命名したところ、「……できれば丼じゃなくてバーガーで締めてほしいな」と店長さんが悲しそうにつぶやいたので、最終的に東京別視点ガイドバーガーにした。

・1日店長権

f:id:matsuzawa7:20170802143248j:plain

権利売買も行くところまで行って、とうとう1日店長権を販売していたころもあった。

5,000円で立石バーガーの1日店長になれるうえに儲けもすっぽり懐に入れていいのだ。ハンバーガーを50個ほど用意しておいてくれた。

f:id:matsuzawa7:20170802143240j:plain

▲真夏のめちゃくちゃ暑いときに1日店長をやった

1日店長をしている間、本物の店長さんは秋葉原のジャンクショップに買い物に出かけてしまう。

「お客さんがたくさん来たらどうしましょう! 1人でまわせますか?」とたずねたところ「ぜんぜんお客さん来ないから、楽だよ」とのこと。

お客さんが来ないことをこんなにもポジティブに表現できる店主が、ほかにいるだろうか。たしかに楽だった。

ことほど左様につぎつぎ斬新なアイデアを実行していて、目が離せない存在であったのだが……。

2016年夏、突然ピザ屋さんになった

f:id:matsuzawa7:20170802143323j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。