体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

9年ぶり! 『機動戦士ガンダム』30周年記念プラモデル発売へ

HG RX-78-2ガンダム Ver.G30


バンダイは、テレビ放映30周年を迎えた『機動戦士ガンダム』を記念して、1/144スケールのプラモデル『HG RX-78-2ガンダム Ver.G30(1260円、税込み)』を7月11日に発売します。このプラモデルは、サンライズが30周年を記念して新たに描き起こしたデザイン『G30th』を元に設計したもの。ファンの持つガンダムのイメージを変えずに、アニバーサリーイヤーにふさわしいアレンジを追加し、新たなバランスを目指しています(すべての写真を見る)。

gandam-1

『HG RX-78-2ガンダム Ver.G30』は、腹部をはじめとする各部を動かすことができるため、劇中シーンの再現もかんたん。バンダイ独自のスナップフィット技術により接着剤を使わずに組み立てが可能で、あらかじめ色分けがされているので色塗りをする必要もなく、子どもやプラモデル初心者にも作りやすいプラモデルです。ちなみに、1/144スケールの『HG RX-78-2ガンダム』の商品化は9年ぶりだそうです。

gumdam_plamo3

また、『機動戦士ガンダム30周年記念プロジェクト』の一環として、バンダイナムコグループがお台場・潮風公園にて製作中の等身大ガンダム立像をモチーフにした台座付きプラモデル『HG RX-78-2 ガンダム Ver.G30th GREEN TOKYO GUNDAM PROJECT(1500円、税込み)』を1/144スケールのアムロ・レイ付きで発売。こちらは等身大ガンダムのお膝元、潮風公園内・太陽の広場で限定販売されます。

等身大ガンダム完成予想

『機動戦士ガンダム30周年記念プロジェクト』も、等身大ガンダムの完成が近づくと共にクライマックスを迎えつつあるようです。夏休みには、“Always Beginning いつだって始まりだ。”をコンセプトに、『RealG』『FeelG』『SoulG』の切り口でさまざまな企画・イベントが目白押しです。

『Real G』全高18mの1/1ガンダム立像が、この夏お台場に立つ!
公開期間:2009年7月11日(土)~8月31日(月)
設置場所:潮風公園(東京都品川区東八潮一・二番)内 太陽の広場
主催: GREEN TOKYO ガンダムプロジェクト実行委員会

『Feel G』GUNDAM BIG EXPO
ガンダムの世界観を体感して頂くと同時に、様々な商品の展示やステージイベントなどを実施します。
日程:2009年8月21日(金)~23日(日)
会場:東京ビッグサイト
主催:バンダイナムコグループ

『Soul G』ガンダムと音楽のコラボレーションイベントを計画中

今年の夏は、小さな子どもから30~40代まで、幅広い年齢層のガンダムファンが、お台場・潮風公園に集まって、文字通り“ガンダム祭”になりそうですね。
 
 

■こんなガンダム30周年記念の記事もあります
【日曜版】静岡の果てにガンダム工場を見た【速報】
ついに実物のガンダム登場か!? お台場で計画スタート!
等身大ガンダム展示予定地に等身大のGUNDAMで立ってみた

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。