体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

予約半年待ち?一度は食べたい「羽根木の羽根付き餃子」を家焼きするコツ

f:id:uralatokyo:20170619194305j:plain

おいしい餃子を家で食べたい!

でも、やっぱりお店で焼いてもらったほうがおいしいんだよね……と普通は思いますよね。

世田谷梅ヶ丘にお取り寄せ半年待ちの餃子店があり、しかもその餃子は誰が焼いてもきれいに羽根付きで焼けるらしい、という噂があるんです。

しかも、餃子自体ちょっと普通のものとは違うらしいのです。

それは聞き捨てならない!と思った私は、今回その羽根木餃子にうかがってその餃子のおいしさの秘密と焼き方のコツを教えてもらってきました。

羽根木餃子って、ほかの餃子とどう違うの?

なぜ羽根木餃子はそんなに人気店なのか。まずはそこから探っていきたいと思います。

f:id:uralatokyo:20170616191822j:plain

まずは厨房へ。全部手作りしています!

餃子の皮もこちらで毎日作っています。

f:id:uralatokyo:20170616193153j:plain

▲あんとのバランスを考えて少し塩をきかせています

そして、一番の特徴はそのあん。

肉はひき肉ではなく、ゴロリとした食感が残る豚肩ロース。自家製の塩麹やごま油などで下味をつけています。

f:id:uralatokyo:20170616191925j:plain

しかもこの豚肩ロースはイタリア産で、生ハムにも使われる新鮮なものです。

この時点でもう、すごいですよね。

ちなみに羽根木餃子にはいろんな種類の餃子がありますが、野菜餃子以外の全ての餃子でこの肉を味わうことができます。

f:id:uralatokyo:20170616192659j:plain

作った餃子はすぐに冷凍するので保存料もなし。

大きさは普通の餃子よりかなり大きいので、1パックの5個でもけっこうな食べ応えがあります。

焼き方のコツ

では、早速店主の島村竜也さんから直々に教わった焼き方のコツを伝授いたします。

この先、大事な焼き方のコツ、5つ出てきますよ。

まず、お取り寄せしますと餃子は冷凍の状態で届きます。

そして、特製ブレンドの羽根用の粉も付いてきます。

f:id:uralatokyo:20170616193359j:plain

▲粉は独自の配合で薄力粉、強力粉、餅粉などをブレンド。この粉が、おいしい羽根を作ってくれます

まずは焼く前に、

コツその1、ごま油をひいて熱したフライパンに餃子を凍ったまま並べること。

コツその2、テフロン加工の安いフライパンを使う。

これならハードルが低くてひと安心です。

f:id:uralatokyo:20170616193457j:plain

中火でしばらく焼いてキツネ色になってきたら、羽根用の粉小さじ1を200ccの水で溶いたものを入れます。

f:id:uralatokyo:20170616194120j:plain

コツその3、個数に関係なく羽根用の粉を溶いた水200cc全部入れること。

一般的な家庭で使う直径26cmのフライパンを使っているのなら、羽根用の粉を溶いた水200cc全部入れる方がきれいに羽根ができます。5個だけ焼くとしても、200cc入れて大丈夫です。目安は餃子の高さの3分の1ぐらまで。

f:id:uralatokyo:20170616194701j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。