ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【ビルボード】反田恭平、ピアノリサイタル全国横断ツアー開始でアルバム4枚同時チャートインを記録

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【ビルボード】反田恭平、ピアノリサイタル全国横断ツアー開始でアルバム4枚同時チャートインを記録

 今週のBillboard JAPAN Top Classical Albumsは、先週に引き続き『浅田真央ベスト・オブ・スケーティング・ミュージック』が2位以下を圧倒的に引き離して1位を獲得した。引退後初のプロ公演、7月29日に行われた【THE ICE大阪公演】の冷めやらぬ熱が感じられるチャートとなった。

 2位には反田恭平の新譜『月の光~リサイタル・ピース第1集』が7回目のチャートイン。今週のチャートではこのアルバム以外に、7位、9位、16位と、全部で4枚のアルバムがチャートインという快挙。8月3日から開始した【反田恭平ピアノリサイタル2017年全国縦断ツアー】は完売公演が続出しており、熱気が感じられる大量チャートインと言える。残る8月後半も続くツアーの影響で、まだまだチャートインが期待出来そうだ。

 3位と6位には小説『蜜蜂と遠雷』のコンピアルバムが、11週連続の2枚同時チャートインの記録を更新。また若林暢の追悼アルバムも8週連続の2枚の同時チャートインを果たすなど、息の長い連続チャートインが印象的な週となった。text:yokano

◎【Billboard JAPAN Top Classical Albums】トップ10
1位『浅田真央ベスト・オブ・スケーティング・ミュージック』
2位『月の光~リサイタル・ピース第1集』反田恭平
3位『蜜蜂と遠雷ピアノ全集[完全盤]』
4位『ラプソディー・ジャパン』村治佳織
5位『HICHIRIKI Cafe』東儀秀樹
6位『蜜蜂と遠雷音楽集』
7位『ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番バガニーニの主題による狂詩曲』反田恭平
8位『0歳からの育脳クラシック』
9位『リスト』反田恭平
10位『Re-Cycle 村治佳織ベスト』村治佳織

関連記事リンク(外部サイト)

8月14日付 【Top Classical Albums】
ピーター・ゼルキン、静謐感を纏った、喩えようもない軽やかな深さ
Charがヤマハホールに初登場、アコースティックライブ開催

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。