ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ソーラー発電でエネルギーを自給自足する電気自動車が登場!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

スペインのevovelo社、ソーラー発電でエネルギーを自給自足する電気自動車を開発

スペインのマラガを拠点とするスタートアップ企業「evovelo」が、ソーラーパネルを搭載した“自給自足”型の電気三輪車「mö」を開発した。

自動車と自転車を融合させた新しいパーソナルモビリティとして、注目されている。

・屋根のソーラーパネルで発電したエネルギーを使って走行

幅140センチ、長さ200センチ、高さ130センチの「mö」は、屋根に装着されたソーラーパネルで太陽光から発電し、そのエネルギーを動力源として利用。

3時間から5時間のソーラー発電で1000Wh(ワットアワー)のバッテリーにフル充電でき、約50キロメートル走行できる。

また、自転車用の駐輪スペースに収まるコンパクトな車体でありながら、運転席と助手席に大人2名と後部座席に子ども2名が乗車できるスペースを確保。

通勤や子どもの送迎、買い物など、日常的な短距離の移動に適したモビリティとして設計されている。

・安定性や快適性を確保しながら、環境にやさしい次世代型モビリティ

「evovelo」では、2017年2月1日から、公式ウェブサイトにおいて「mö」の予約販売をスタート。

販売価格は、4500ユーロ程度(約58万5000円)となる見通しだ。

「mö」は、自転車と比べて、安定性や快適性に優れ、従来のガソリン車と異なり、二酸化炭素を排出せず、電気自動車のように外部電源からの充電を必要としないという、3つの特徴を兼ね備えているのが秀逸といえるだろう。

evovelo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。