ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

あの凶暴な恐竜は鈍足だった?『大迫力!恐竜・古生物大百科』

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

我々人間が誕生する遥か昔、地球上で大繁栄した生物『恐竜』。

圧倒的な大きさを持つもの、独特な角を持つもの、鋭いトゲを身にまとい体を守るもの……。恐竜は途方もない時間をかけて、進化を重ねて地球上に生息していました。この独自の進化に加えて、謎も多いことが恐竜の魅力なのではないでしょうか。「ティラノサウルスには羽毛が生えていた」、「ステゴサウルスのかむ力は、犬よりも弱かった」など様々な説があります。最新の研究から少しずつですが、そうした謎が解明されつつあります。

今年7月に発売後、即重版が決まった『大迫力!恐竜・古生物大百科』[リンク]では、迫力のあるイラストで約100種の恐竜・古生物を徹底解説しています。今回はその一部を、恐竜が支配していた『中生代』、恐竜が誕生する前の『古生代』、そして恐竜が絶滅した後の『新生代』の3つに分けて紹介させていただきます。夏休み期間の今、ぜひお子さんと一緒に、恐竜・古生物の不思議に触れてください。

中生代~ティラノサウルスのスピードは、ゾウよりも遅い?

まずは『ジュラ紀』とか『白亜紀』といった多くの人が一度は耳にしたことがある期間、中生代です。中生代は恐竜が栄えた時代です。

その時代で最も有名な恐竜の一種が、冒頭にも紹介したティラノサウルス。生息年代は6800万年前から6600万年前頃と言われています。大きさは約12メートルで大きな頭と短い腕、強力なアゴと太い歯で獲物を捕食していました。本書には肉食恐竜の歯の写真が掲載されていて、先がとがったギザギザの形をしています。ティラノサウルスも同様で、肉の奥の骨まで歯を食いこませて引きちぎっていたとか。想像するだけでも怖いですね。

でも足が遅く、実は時速30キロほどでしか走れなかったようです。これはゾウよりも遅いと言われています。

では、どうやって狩りをしていたのでしょうか。詳細は本書でチェックしてみてください。

古生代~史上最強の肉食魚、現る~

古生代は恐竜が誕生する前の時代。生物は海に生息し、次第に両生類が陸に上がってくる、そこからは虫類や単弓類などが誕生していきます。

この古生代に誕生したのが、全長約10メートル、体重3トン~4トンもあったというダンクルオステウス。先ほど紹介したティラノサウルスの大きさが約12メートルということなので、その巨大さが理解できるかと思います。頭部と胸はかたいヨロイ(板状の骨が集まってできたもの)で覆われ、鋭いキバのような骨で獲物をかみ砕いていたとか。かむ力は古生代から現代まで魚類最強なので、史上最強の肉食魚と言えますね。

本書ではそんな“最強魚”がなぜ絶滅したのかも記載していますので、一読を!

新生代~最も有名なマンモス~

新生代は恐竜が絶滅した後、ほ乳類と鳥類が反映した時代。現在に生息する生物に近い見ためを持つものが多く、人類も同時期に生きていたこともわかっています。

新生代の代表的な生物は、ケナガモンマス。私も初めて知ったのですが、マンモスにはいくつか種類がいて、その中で最も有名なマンモスがケナガマンモスです。名前のとおり、太くて長い毛で全身が覆われていて、寒い環境で生息していました。大きさは約6メートルで、約2.5メートルの大きなキバも特徴ですね。

大きなキバって獲物を襲うためにありそうですよね? でも、ケナガマンモスのキバは“あること”をするためにあったという説があるのです。キバの役割にはいくつか説があり、そちらも本書には書いてあります。ぜひ手に取って読んでください!

名前の由来~○○○ドンって?~

上記のような恐竜・古生物の説明はもちろんですが、恐竜・古生物の名前の由来を紹介するミニコラムもオススメです。

○○○サウルスとか○○○ドン、○○○ニクスって恐竜の名前によくありますよね~。これまで気にしたことはなかったのですが、この名前の由来も載っていて、おもわず「へぇ~」とつぶやいてしまいました。

最後に圧倒的なビジュアル、独自の進化の秘密だけではなくて、名前の由来にも注目して読んでみてください!

『大迫力!恐竜・古生物大百科』[リンク](西東社)
監修:福井県立恐竜博物館
定価:(本体1,300円+税)
ISBN:9784791625680

▼監修者紹介
福井県立恐竜博物館[リンク]
2000年7月に開館。地質学・古生物専門の博物館。「恐竜の世界」、「地球の科学」、「生命の歴史」の3つの展示ゾーンからなり、地球の成り立ちや様々な古生物に出会える。立地する福井県勝山市には恐竜化石んの発掘現場があり、現在も発掘・研究を行っている。日本で見つかった7種類の新種恐竜のうち5種類が勝山産。

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 西東社の中の人たち) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。