体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

かわいいを盛って夢を叶える SNS型コンテストプラットフォーム「CAWAMORI(カワモリ)」開始

「MOUSSY(マウジー)」などのファッションブランドを展開する製造小売会社、株式会社バロックジャパンリミテッド(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:村井 博之、以下「バロック」)は、アルヴァ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:川森 拓己)と共同開発したSNSコンテストプラットフォームアプリ「CAWAMORI(カワモリ)」を7月26日に開始しました。

iOS: https://itunes.apple.com/jp/app/cawamori/id1256249785
Android: https://play.google.com/store/apps/details?id=com.alva.cawamori
Web(スマホのみ): https://www.cawamori.com/

1. サービス開始の経緯
バロックは「挑戦」という企業理念に基づき、夢を抱く人を応援する取り組みを実施しています。社内人材発掘のため開催した「第1回スター発掘コンテスト」のグランプリ受賞者である中村真里は、自らのブランドを立ち上げる夢を叶え、ファッションブランド「RIM.ARK(リムアーク)」のディレクターとして活躍しています。また2017年3月からは、社内外の挑戦者を対象とした第2回コンテスト「NEXT IS YOU」を開催し、「若者よ、夢を実現せよ」をキーワードとして「ビジネスプラン」「ファッションアイコン」部門の2部門で、人材を募集しました。

夢を抱く人の「挑戦」を応援するバロックの精神に基づき、このたびスターを目指す人と求める企業をマッチングするSNS型コンテストプラットフォーム「CAWAMORI(カワモリ)」を開始します。

2. サービス概要と今後の展開
「CAWAMORI(カワモリ)」は、スターを目指す人と求める企業をマッチングする、SNS型コンテストプラットフォームです。利用者は各種コンテストへ手軽に参加でき、企業はコンテストを従来よりも少ない手間で実施できます。中心となる利用者は10代から20代の女性を想定しており、手軽に双方向交流ができるSNSの特性を活かして利用者拡大を目指すとともに、「スターになる」という明確なゴールを設けることで他のSNSアプリとの差別化を図ります。サービス名には「かわいいを盛って夢を叶える」という意味を込めています。

「CAWAMORI(カワモリ)」はSNS型コンテストプラットフォーム としての位置づけを強化しつつ、世界共通語「カワイイ」」をキーワードに、世界各国への展開を見据えてサービスソリューションを拡充していきます。

3. スターを目指す人のメリットと利用方法
利用者は、会員登録時に2種類の利用方法を選べます。「キャスト」はスターを目指す人の利用方法です。サービス上で開催される各種コンテストに参加し優勝を勝ち取ると、賞金、賞品、専属契約権利など、主催企業のニーズに応じて、コンテスト主催企業から提供される各種のアワードを獲得できます。登録は無料、月額課金制(月額税込300円)でプレミアム会員にアップグレードすると、手持ちの ?(いいね) が5個から50個に増加し、プレミアム会員限定コンテストにエントリーできます。「サポーター」は「キャスト」を応援する人の利用方法です。無料会員登録後、応援している「キャスト」に?(いいね)を送ることができます。この利用方法は、いつでも変更できます。

4. 企業の導入メリット
「CAWAMORI(カワモリ)」を導入すると、「募集サイト構築・PR戦略」「応募者対応」「選考プロセス」といった従来のタレント新規獲得フローを省き、オーディションやコンテストを少ない手間で実施できます。また、タレント候補の人気度が利用者の投票による
ランキング形式で視覚化されるため、ファンからの人気が高いインフルエンサーを獲得できます。導入時には、運営事務局がオーディション・コンテストの趣旨と求める人材等をヒアリングし、ご要望を確認いたします。その後、各種ロゴなどの画像をご提供いただきデモ画面を構築、本番公開の流れとなります。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。