ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

ピリ辛サクサクのスナック菓子『暴君ハバネロ・暴コーン』辛い、でも止まらない、これぞ禁断の快楽!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

激辛スナックとしてすっかり定着した『暴君ハバネロ』シリーズ。発売当初のウマ辛さが再現された『帰ってきた暴君ハバネロ』が発売されているが、その商品の辛さを上回る『暴君ハバネロ・暴コーン』が登場! はたしてどれくらい辛いのか、さっそく実食してみることに。

辛さレベルは6! 定番商品を越える暴君が降臨!

東ハトより発売された『暴君ハバネロ・暴コーン』(45g・参考小売価格 税抜 141円・2017年6月5日発売)。同シリーズの定番ラインナップである『帰ってきた暴君ハバネロ』の辛さレベルは5となっているが、『暴君ハバネロ・暴コーン』はレベル6とさらに辛くなっている。燃え盛る「暴」の字がデザインされたフタを勇気を出して開けてみよう。

棒状のスティックに形成されたコーンスナック。コーンの色味はなく、見ているだけで涎が出てきそうになるスパイスカラーだ。

お皿に出してみると、より一層赤さを実感できる。ちなみに商品名にもなっているハバネロは、メキシコを原産とする世界的に有名な唐辛子。この唐辛子の辛さをはかる単位として、スコヴィルというものがあるが、ハバネロは約300,000スコヴィル。タバスコの約10倍の辛さだ。

 

『暴君ハバネロ』が発売された2003年には、世界一辛いスパイスとしてギネス記録にも載っていたほど。刺激的な辛さがある一方で、しっかりとした旨味もあるのがハバネロの魅力。罰ゲームで食べることになったが、意外と美味しいと思った人も多いのではないだろうか。

 

刺激的な辛さの中に、しっかりとしたコーンの美味しさを感じる

辛いもの好きの記者だが、辛さレベル6ということで少々怖気づきながら1本目を頂くことに。ひと口かじった瞬間、舌がピリピリしてくる。なかなかの暴君ぶりだ。

 

しかし食べ進めていくと、後味にコーンの香ばしい旨味が広がり、いつの間にか手が止まらなくなっていく。むしろ通常のコーンスナックよりも辛さによって、コーンの美味しさが引き出されているのかもしれない。

たしかに辛い。食べ終わった後もしばらく舌が痺れるほど。レベル6は伊達じゃないが、『暴君ハバネロ』ならではの旨さもしっかり味わえる。

 

辛いもの好きの方は、暴力的に美味い本商品をぜひ試してみてほしい。

 

東ハト 暴君ハバネロ暴コーン 45g×12箱
東ハト 暴君ハバネロ暴コーン 45g×12箱

 

関連記事リンク(外部サイト)

7/21コンビニ先行販売!ナンの形のカレー味スナック! 東ハト『暴君ハバネロ BLACK・ブラックカレー味』
『暴君ハバネロ チョコ盛』にだまされた!チョコの甘みが押しのけられる激辛刺激がすごい!
別袋「辛さ10倍パウダー」で、なぜかむせる?美味しさ!ガーリック味ひき立つ東ハト『暴君ハバネロ・ハバ盛』
『暴君ハバネロ・暴ポテト』スーッとする汗と視界が開けるような鮮烈な辛さと旨味の集合体で食べやすい!
『暴君ハバネロ トムヤムクン味』はちょっぴり優しくてほどよい辛さ!酸味も効いた新風味は試す価値あり!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
おためし新商品ナビの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。