体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『名刀ペーパーナイフ』“刀剣女子”も垂涎の本格派な名刀を模したペーパーナイフ

近年の「刀剣女子」ブームにあやかってか、日本刀をモチーフにしたグッズがいろいろと発売されている。そして、また刀剣女子たちを魅了するアイテムが登場した。その名も『名刀ペーパーナイフ』。その美しさと切れ味を堪能してみた。

職場でのデスクにオシャレな「一振り」を!

鎌倉時代末期より、日本刀の名産地として脈々と技術が受け継がれてきた岐阜県関市。孫六兼元の名刀「関の孫六」など「折れず曲がらずよく切れる」という優秀な日本刀を数々と生み出してきた“刃物の町”だ。そんな岐阜県関市に本拠を置くニッケン刃物株式会社から、日本刀をモチーフにしたペーパーナイフ『名刀ペーパーナイフ 織田信長モデル / 坂本龍馬モデル』(全長210mm×刃厚1.8mm×全幅23.0mm×全厚18.0mm 重さ35g・希望小売価格 税抜3,200円・発売中)が登場した。

 

以前もおたナビで真田幸村モデルの日本刀モチーフのはさみを紹介した。

 
あわせて読みたい:『日本刀はさみ 真田幸村モデル』赤備えの戦国武将気取りで事務仕事に邁進できる個性派ハサミ!

 

この「名刀ペーパーナイフ」は、クラウドファンディングサイト「Makuake」でプロジェクトを公開し、今年4月末まで出資者を募っていた。もともとニッケン刃物は歴史は古くとも、自社商品を広くPRできているとは言えない実情があった。そんな時、プレス工程の取引先である株式会社ツカダの塚田社長から”Makuakeを通じて自社商品(キークエスト)を広くPRできた”という話を聞いたところから、このプロジェクト公開となったそう。目標金額は100万円だったが、なんと初日で目標額を達成するという人気ぶりで、最終的には1617万4,200円もの金額を集めるという大成功を収めた。

 

(Makuakeのサイトより)

 

このほど、クラウドファンディング出資者以外にも広く販売する(出資者にはすでに発送済み)ということで、さっそく「名刀ペーパーナイフ」を入手。実際に試す機会を得たので、その実力をチェックしてみよう!

ゲットしたのは織田信長「圧切(へしきり)長谷部」、坂本龍馬「陸奥守吉行」をモチーフとしたペーパーナイフ二振り。なお、クラウドファンディングでは土方歳三「和泉守兼定」モデルもあったが、一般販売の予定はないようだ。

(土方歳三資料館提供)

 

鞘から抜いてみると、これは本当に精巧にできていてペーパーナイフとは思えない造り。刃の部分をよく見てみると、なんと刃紋まで再現されているではないか。これは凝っている!

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。