ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

清水ミチコの“一緒に苦しみを乗り越える歌”に横アリ爆笑

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

清水ミチコの“一緒に苦しみを乗り越える歌”に横アリ爆笑
J-WAVE主催「J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2017 supported by antenna*」が7月21日、22日、23日の3日間にわたり、横浜アリーナにて開催されました。ここでは23日にスペシャルゲストとして出演した、清水ミチコのライブの模様をお届けします!

スポットライトに照らされながら登場した清水。まずは「皆さん、こんばんは! 楽しんでますか? 盛り上がってますか? 清水ミチコです」と挨拶。「今日もみんなで一つになって楽しんでいただけたら…。でも、一つになるためには、一緒に苦しみを乗り越えないといけません」との一言に、観客が一瞬「どういうこと?」と思ったところで、天龍源一郎、デビ夫人、瀬川瑛子の”ちょっと聞き取りにくい3人”のまねで「アナと雪の女王」を披露。まねをしている清水自身も、あまりのおかしさに思わず吹いてしまう場面もあり、会場が大いに沸きます。

続いて、「サザエさん」に出てくるタラちゃんから、藤田ニコル、山口もえ、市原悦子、きんさん・ぎんさんなど、さまざまな世代の著名人のまねをしていく「100年の声の歌」へ。中にはピリッと毒の効いたまねもあり、清水が「ツイッターに書いちゃダメよ」とお願いすると、観客からどっと笑いが起きました。

さらに、ピアノの弾き語りで名曲をメドレーで披露。「これは、ものまねではなくて、いろいろなミュージシャンが”降りてくる”の」という清水。松任谷由実、美輪明宏、森山良子など、笑いを入れつつも、まさに”ご本人”と思うような素晴らしい歌声を披露すると、会場は大きな拍手に包まれました。

最後は名前の50音順に次々と移り変わる、多彩なまねで挨拶をして、なんとも贅沢なエンターテインメントショーは幕を閉じました。12月30日に武道館公演を行うことも発表され、清水ミチコの勢いは止まりません。

1.アナと雪の女王
2.100年の声の歌
3.シンガーソングライター名曲メドレー
4.Lover Come Back To Me

【イベント概要】
公演タイトル:J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2017 supported by antenna*
開催日時:2017年7月21日(金)17時30分開場、18時30分開演/22日(土)、23日(日)14時開場、15時開演
会場:横浜アリーナ
出演:
21日(金)Aimer/サカナクション/秦 基博
22日(土)Suchmos/水曜日のカンパネラ/平井堅/福耳/ユニコーン/フロントアクト:RIRI
23日(日)AI/今市隆二(三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)/久保田利伸/CHEMISTRY/RHYMESTER/大橋トリオ/スペシャルゲスト:清水ミチコ/フロントアクト:DAOKO

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。