体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ブランカとギター弾き』 長谷井宏紀監督インタビュー

ÅöÉÅÉCÉì

ヴェネツィア国際映画祭をはじめ、各国の映画祭で数々の賞を受賞した映画『ブランカとギター弾き』が、7月29日に全国公開される。ストリートで暮らす主人公の少女ブランカは、“お母さんをお金で買う”ことを思いつき、お金を稼ぐために盲目のギター弾きと共に旅に出る…。

フィリピンのスラムを舞台にしたイタリア映画だが、実はメガフォンを執ったのは日本人。巨匠エミール・クストリッツァに認められ、世界を旅しながら写真家として活動してきた長谷井宏紀の初の長編作品だ。ここでは日本公開を前に、監督自らに制作の舞台裏や作品に込めた思いを語ってもらった。ブランカが歌う、監督が作詞したという劇中歌「ホーム」は必聴だ。

ー『ブランカとギター弾き』はイタリアのヴェネツィア・ビエンナーレとヴェネツィア国際映画祭、シネマカレッジから出資を受けて、フィリピンで撮影されたそうですね。なぜフィリピンのスラムを舞台に映画を撮ろうと考えたのですか?

長谷井宏紀「28歳くらいのときに、現地のゴミの山で暮らす子どもたちと『いつか映画を撮りたいね』と約束した自分がいたからです。今は42歳なので、とても長い約束になってしまいました」

ーでも、ちゃんと約束を守ったわけですね。

長谷井「約束を守ることが僕のモチベーションになっていましたから。33歳くらいのときにセルビアに移り住むまでは、毎年クリスマスの時期にフィリピンに通っていました」

ー最初はなぜフィリピンに行くことになったのですか?

長谷井「友人の写真を見て、行ってみたいなと思ったのがきっかけです。それでスモーキーマウンテンと言われる場所に行って、だんだん友だちができていったんです」

ー当時、映画を作ると約束した子どもたちは、今はどうしているんですか?

長谷井「すっかり大人になりました。結婚して子どもが3人もできちゃったりして(笑)。本作にも2人くらいは脇役で出演してくれています。あとはみんなバラバラになって、居場所がわからなくなってしまったんです。とにかく彼らと約束したことと、あとはフィリピンの子どもたちと映画を作ってみたいという想いがずっとあったことが、この作品につながりました」

ÉTÉu2 ÉTÉu1

ーとてもシンプルなストーリーの中で、エネルギーに満ちた役者たちが輝いていました。このストーリーは長い間温めていたものなのですか?

長谷井「内容は全然違うのですが、ずっとドイツのプロデューサー(カール・バウハウトナー)と動かしていた別の企画があったんです。でも、途中で彼が他界してしまって。それで帰国して日本の仕事をし始めたときに、イタリアのプロデューサー(フラミニオ・ザドラ)から『企画を出してみない?』と言われました。そこでこのストーリーを考えて送ったら通ったんです」

ーギター弾きのピーター役のピーター・ミラリさんともストリートで出会ったそうですが、脚本は彼をイメージして書いたのですか?

長谷井「そうです。自分が知っているピーターを考えながら書いたら、本当に彼の人生とシンクロしてしまったんですよ。ピーターから『この話、知ってる!』と言われたのですが、彼も11歳の女の子とクラブで歌っていた時期があるそうなんです。その子は日本の大阪に住む方の養子になって、フィリピンを去っていったそうです。本を書いていると、本当の人生とリンクすることが多々あると思います」

ーブランカ役のサイデル・ガブデロさんも素晴らしかったです。目に強い力があって、小さな体からとてつもないエネルギーを発しているように感じました。

1 2 3次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。