体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東洋占星術をもとにした毎週の占い。7/24-7/30の運勢をチェック!

kyamera

毎日をより楽しくハッピーなものにするために、キラが東洋占星術をもとにアドバイスします。

fortune reading KIRA(http://twitter.com/kineko8

photo Kyozan Ueda

あなたの星の出し方

 
まず、生まれた年の西暦の各数字を、1から10のいずれかになるまで足してください。
次に、11からその数字を引いて出た数があなたの星のナンバーです。

例1976年生まれの場合

1+9+7+6=23

2+3=5

11-5=6

1976年生まれの人のナンバーは6になります。

ただし、1月1日から2月の節分までに生まれた人は前の年の星になります。例えば1976年1月18日生まれの人は1975年生まれとして計算してください。

 7/24-7/30の運勢

1・水の星の人

7月の全体運
勢いを感じられる月です。さぁ頑張ろう!といったように、やる気がむくむくと湧いてきたり、気持ちが大きくなることもありそうですが、まずは、一歩一歩を着実に進んでいくという姿勢を大切にしましょう。
幸運を招く方角 北西
ご利益フード  うな重

今週の運勢(7/24~7/30)
謙虚な姿勢を心がけたいタイミングです。ちょっと野心が芽生えやすいときなのですが、自分さえ良ければいいとか、得をしようとするのはちょっとデンジャラスかもしれません。たとえ、下心のようなものがあったとしても、できるだけ表には出さないようにするのがベター。今は、「どうぞ、どうぞ」と、相手に譲る姿勢を大切にしましょう。周りにいる人たちから、あの人は余裕があるな、とか、大人だな、と思って貰えるような行動を取ることが大事。あなたに対する信頼につながりそうです。
25日は物事を深く考え過ぎてしまいそうですが、バスソルトを入れて半身浴をすると気持ちがスッキリして、気分転換できそうです。28日は交際運が好調の様子。メールや電話など、連絡をマメにすることで、お互いの理解が深まりそうです。新しい出会いも期待できそう。30日はラッキーデー。前を向く気持ちが、ハッピーを引き寄せそうな予感。

2・大地の星の人
7月の全体運
幸運月です。仕事もプライベートも良好で、手ごたえのようなものを感じることができそうです。「交渉」や「商談」などもスムーズに運びそうです。嬉しい知らせが届く可能性もありそうです。
幸運を招く方角 南西
ご利益フード  かき揚げ

今週の運勢(7/24~7/30)
コミュニケーション能力が問われるタイミングです。今は運の良いとき。けれども、その運を活かせるかどうかは、あなたのコミュニケーション次第になりそうです。よって、消極的でいるよりも、できるだけ自分の方から積極的に働きかけることが大切です。まずは、「おはよう」「こんにちは」などの挨拶でも良いから、勇気を出して、声を出してみましょう。恋愛に関しては、相手と会う頻度を増やしたり、連絡を普段よりも、多く取るようにしましょう。また、シングルの人は、素敵な出会いが待っていそうな予感です。
27日はラッキーデー。交際運が好調の様子。仕事もプライベートも、コミュニケーションを活発にすることで、相手の考えや希望をより知ることができて、順調に進む予感です。

3・雷の星の人
7月の全体運
今まで取り組んできたことの成果があらわれやすい月です。自分自身を見つめ直すことで、答えや、何かしらの結論のようなものが出ることもありそうです。
幸運を招く方角 北西 南西
ご利益フード  ポークソテー

今週の運勢(7/24~7/30)
「客観性」を大切にしたいタイミングです。人は気持ちに余裕がなくなると、視野が狭くなってしまうことがあります。だとしたら、心を広く持つことができれば、頭もクリアになり、視界も開けてくるはずです。もしも、周りとの温度差を感じたり、歯車が合わないなと思うことがあったら、思い詰めてしまう前に、ひと休み入れましょう。そして、一歩引いたところから、起きている物事を見つめるようにしましょう。感情よりも理性を優先させることが事態を良くしたり、問題の解決につながりそうです。
24日はコツコツと地道な努力が鍵となりそう。また、真面目な印象を受ける人と縁がありそうです。ここのところ、頑張り過ぎている人は、27日に身体のメンテナンスをするのがオススメです。

1 2次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。