ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

福耳、横アリで5年ぶりの新曲を披露

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

福耳、横アリで5年ぶりの新曲を披露
J-WAVE主催「J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2017 supported by antenna*」が7月21日、22日、23日の3日間にわたり、横浜アリーナにて開催されています。ここでは22日に出演した、福耳のライブの模様をお届けします!

ステージ上に福耳のメンバーが揃うと、1曲目の「星のかけらを探しに行こう」がスタート。突如始まった福耳のスタンダードナンバーに大勢の観客が立ち上がり、うちわを左右に振りながら、会場にはすでに一体感が生まれているよう。

曲が終わると、「どーも福耳です!」という山崎まさよしの一言で、それぞれのメンバーの自己紹介が始まります。今回のライブで登場したのは、杏子、岡本定義(COIL)、あらきゆうこ、元ちとせ、スキマスイッチ、長澤知之、秦 基博、さかいゆう、浜端ヨウヘイ、松室政哉というお馴染みかつ豪華なメンバー! 秦は前日の21日に引き続きの登場で、今回は「福耳の、秦 基博です!」と挨拶する場面も。

そんな福耳は5年ぶりの新曲2曲を発売するということで、まずは秦が書き上げた「Swing Swing Sing」を披露。アップテンポな楽曲に、会場全体で手拍子をしながらノッていたかと思えば、続けざまに「ひまわりの約束」のイントロが流れ、会場には「おお〜!」という声と共に拍手が巻き起こります。

21日の秦のライブでも披露された「ひまわりの約束」が終わると、「夏は野菜、いっぱい食べましょう!」という杏子のMCへ。「夏は、野菜、何がいいですか?」と杏子が山崎に質問すると、山崎は「パセリ」と返答。「違う!」と杏子は否定しますが、すかさず「レタス?」とふざけて答える山崎に、会場は笑いに沸きます。山崎を諦め、杏子が観客に向かって「夏にいい野菜は? せーの!」と投げかけると、会場全体から「セロリ!」の掛け声が。そのまま、大盛り上がりで「セロリ」を披露しました。

その後、新曲「ブライト」含め、全6曲をやりきった福耳。豪華メンバーが勢ぞろいするライブだけあって、迫力の歌唱と確かな演奏技術で観客を惹きつけて、ステージを後にしました。

1.星のかけらを探しに行こう
2.Swing Swing Sing
3.ひまわりの約束
4.セロリ
5.ブライト
6.全力少年

ライブの模様は「antenna* J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2017 SPECIAL」と題して、サッシャ、藤田琢己のナビゲートで、8月11日(金)18時〜21時55分に放送されます。

【イベント概要】
公演タイトル:J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2017 supported by antenna*
開催日時:2017年7月21日(金)17時30分開場、18時30分開演/22日(土)、23日(日)14時開場、15時開演
会場:横浜アリーナ
料金:当日券・指定席 9,400(税込)ほか
※当日券を各日開場時間の1時間前より、会場窓口にて販売(予定枚数に達し次第終了)
※演出の一部が見えづらい場合があります

23日(日)のラインアップ
AI/今市隆二(三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)/久保田利伸/CHEMISTRY/RHYMESTER/大橋トリオ(スペシャルバンドマスター)/スペシャルゲスト:清水ミチコ/フロントアクト:DAOKO

【関連サイト】
「J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2017 supported by antenna*」
http://www.j-wave.co.jp/special/live2017/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。