ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

Suchmos・YONCE「出会ってくれてありがとう!」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Suchmos・YONCE「出会ってくれてありがとう!」
J-WAVE主催「J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2017 supported by antenna*」が7月21日、22日、23日の3日間にわたり、横浜アリーナにて開催されています。ここでは22日のトリを務めた、Suchmosのライブの模様をお届けします!

暗いステージ上に「S.G.S.4」が鳴り響くと、Suchmosが登場。暗闇から一転、「Welcome to J-WAVE LIVE SUMMER JAM!」というYONCEの掛け声と共に、ステージ上は明るくなり、1曲目の「YMM」がスタート。音源にはない、ライブならではのアレンジが加えられ、のっけから会場のテンションは最高潮に。

「STAY TUNE」まで一気に演奏を終えると、会場では「YONCE!」「TAIKING!」などメンバーへの声援が飛び交います。YONCEはMCで、「ラジオで流れた曲を聞いて、Suchmosを知った人が多いのではないか」ということに触れ、さらに「このバカでかい小屋、横浜アリーナって言うんですけど。ここにこのバンドで立ててること、本当に俺たちは嬉しいです!」と、「J-WAVE LIVE」への想いを語りました。

MCが終わり、後ろを振り向くYONCE。すると「MINT」のドラムが鳴り響き、会場が歓声に包まれます。曲間には「今度は俺らだけでここをうめたいねえ!」とYONCEが高らかに叫び、会場全体がそれに大きな歓声で応えました。続けざまに披露した「WIPER」では、フラッシュライトを多用し、ハードなギターサウンドで会場の雰囲気も一変。

また、7曲目の「GAGA」では、曲後半でジャムセッションになり、縦横無尽にステージを駆け回るYONCEと自由に演奏を披露するメンバー。アンコールでは、それまでの白いジャージ姿から、リヴァプールFCの赤いユニフォームを着て登場したYONCE。改めて横浜アリーナを埋め尽くす大勢の観客をまじまじと見ると、「人が、いっぱいだな…」と思わず吐露していました。そして6人でSuchmosを始めたばかりの頃のこと、ラジオを通したファンについて真摯に語り、「何が言いたいかっていうと…出会ってくれてありがとう!」と感謝の想いを伝え、「OVERSTAND」を演奏し終了。惜しみない拍手のなか会場を後にしました。

「J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2017 supported by antenna*」は、2日目の興奮冷めやらぬなか、いよいよ最終日を迎えます。

1.S.G.S.4
2.YMM
3.Burn
4.STAY TUNE
5.MINT
6.WIPER
7.GAGA
en.OVERSTAND

ライブの模様は「antenna* J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2017 SPECIAL」と題して、サッシャ、藤田琢己のナビゲートで、8月11日(金)18時〜21時55分に放送されます。

【イベント概要】
公演タイトル:J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2017 supported by antenna*
開催日時:2017年7月21日(金)17時30分開場、18時30分開演/22日(土)、23日(日)14時開場、15時開演
会場:横浜アリーナ
料金:当日券・指定席 9,400(税込)ほか
※当日券を各日開場時間の1時間前より、会場窓口にて販売(予定枚数に達し次第終了)
※演出の一部が見えづらい場合があります

23日(日)のラインアップ
AI/今市隆二(三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)/久保田利伸/CHEMISTRY/RHYMESTER/大橋トリオ(スペシャルバンドマスター)/スペシャルゲスト:清水ミチコ/フロントアクト:DAOKO

【関連サイト】
「J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2017 supported by antenna*」
http://www.j-wave.co.jp/special/live2017/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。