体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あの人のお宅拝見[4] 30代ワーキングママ、憧れのライフスタイルを実現する住まい

あの人のお宅拝見[4] 30代ワーキングママ、憧れのライフスタイルを実現する住まい

お宅拝見シリーズ連載の4回目。今回は2人の子育て中ママでありながら、新たな事業の立ち上げなどを着々と進める田中裕美子さん。昨年まで、Bang & Olufsen(バングアンドオルフセン/デンマークのオーディオヴィジュアルブランド)マーケティング&PRマネージャーとして活躍していたキャリアももちながら、肩肘張らずに家庭と仕事で自己実現するイマドキの女性ということで興味をもった筆者。今回も「ウチなんかで良ければ、どうぞ」と、快く自宅取材を受けてくれた。連載【あの人のお宅拝見】

住宅業界にかかわって25年以上のジャーナリストVivien藤井が、暮らしを楽しむ達人のお住まいを訪問。住生活にまつわるお話を伺いながら、住まいを、そして人生を豊かにするヒントを探ります。

現在、田中さんはIT企業でのコーポレートブランディングの仕事に加え、日本初となるコーポレートコンシェルジュサービスの立ち上げにも携わっている。また、田中さんがお姉様と運営しているWEBサイト「TOKYO LOCALS’ FAVORITES」では、外国人に日本の良さをもっと知ってもらおうと、日本らしさを感じるすてきな写真とともに英語で紹介されている。海外生活を経験してきた田中さんならではの視点で日本の“FAVORITES(お気に入り)”が並ぶ。

そんな感性を持つ田中さんのおウチは、東京のいわゆる“憧れの住宅地”にあった。【画像1】ブラックサッシの大きな出窓がアイコンのスクエア外観。駐車場分を広くセットバックしているので、街並みに圧迫感を与えないデザイン(写真撮影/片山貴博)

【画像1】ブラックサッシの大きな出窓がアイコンのスクエア外観。駐車場分を広くセットバックしているので、街並みに圧迫感を与えないデザイン(写真撮影/片山貴博)

スポーツ少年の息子さんと、それにも増して明るく元気な娘さんが迎えてくれた。

「3年ほど前、息子の就学前に家を持ちたいと考えて実家近くで探し始めたのですが、土地が思いの外早く出てきて。紹介された当日に見に行き、夫と数時間後には決めました!」と、田中さんの決断力にキャリアウーマンの一面を垣間見た。30代で都内に家を建てるなんてうらやましい話。【画像2】あの出窓部分はダイニングキッチンだった。「お向かいが平屋で視線が気にならないので、ブラインドは降ろさずフルオープンにしていることが多いです」と、手前のリビングまで日が入って明るい(写真撮影/片山貴博)

【画像2】あの出窓部分はダイニングキッチンだった。「お向かいが平屋で視線が気にならないので、ブラインドは降ろさずフルオープンにしていることが多いです」と、手前のリビングまで日が入って明るい(写真撮影/片山貴博)

「建築コンペのサービスを利用して選んだ建築家(向山建築設計事務所)と、一緒に考えながら家づくりを進めることができました」。年齢が近い建築家で話しやすく、さまざまな希望を具現化してくれたという田中さん。自分のイメージを、雑誌やWEBから集めたヴィジュアルで伝えたのも良かったと振り返る。

そんな田中さんの思いを詰め込んだ、お宅を拝見。

まず建物の横にアプローチがあって、玄関を入ると段差が上下にあるスキップフロア構造になっている。

「下は10畳大の収納部屋になっています」。なるほど! 延床面積に参入されない天井高1.4m弱のスペースを1階に設けたプランだ。【画像3】玄関一面のシューズボックスや階段下収納もあり、主婦にうれしい収納力。1階には寝室とバストイレがある(写真撮影/片山貴博)
1 2 3 4次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。