体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

お父さんの肩車が子供にとって最高の乗り物です ドラえもんのポケットから出てきそうな『Piggyback Driver』

子供の頃、お父さんに肩車してもらった経験のある人は大勢いると思います。子供の「こっち行って」とか「もっと早く」といったリクエストに応えてくれる優しいお父さんもいるでしょうが、子供のリクエストはそっちのけで自分のやりたいように肩車をするお父さんも多いのでは? 肩車で子供達が絶対的な主導権を握れるという画期的なヘルメットが登場しています。その名も『Piggyback Driver(ピギーバック・ドライバー、以下、ピギドラ)』。Piggyback(ピギーバック)とは、おんぶとか肩車を表す英単語です。

『ピギドラ』には、バイクや自転車のようなハンドル、LEDウィンカー、ターボ、クラクションが標準装備されています。

ハンドルを右に切ればあら不思議、お父さんの首も右に曲がるので当然のごとく、右方向へと進んでいきます。左に切れば、お父さんは左方向へと進みます。右折や左折時には、LEDのウィンカーが点滅して進路を告知します。

ハンドル中央に配置されたボタンを押すとターボ発動。加速装置といってもいいでしょう。お父さんが加速するはずです。

クラクションは周囲に注意を促すための機能です。ターボや最高速度などの詳細なスペックはピギドラを装着するお父さん次第で劇的に変化するようです。中にはターボボタンを押してもターボがかからないお父さんもいるかもしれません。

Piggyback Driver(YouTube)
https://youtu.be/YkNKxHR49Ck

ドラえもんが「パパ車ハンドル~」とか言ってポケットから取り出しそうな『ピギドラ』は、PARTY NEW YORK(以下、PNY)というデジタルデザインスタジオが開発しました。PNYは「総勢8人の少数精鋭が集まるスタジオで、オンラインの広告表現からデジタルインスタレーション、映像制作からプロダクト開発まで、使用する技術にはこだわらず、良いものを高い純度でつくることのみにこだわって活動」する日本の広告代理店出身者達が設立した会社です。同社はこれまでにナイキがフィリピンのマニラに建設した『Nike Unlimited Stadium』という世界初のLEDランニングトラックプロジェクトや、犬用ウェアラブル・デバイスの『Disco Dog』といったユニークなプロジェクトを手掛けています。

Nike Unlimited Stadium(YouTube)
https://youtu.be/F67V5J40hv8

Disco Dog – The smartphone controlled LED dog vest(YouTube)
https://youtu.be/SO4DSasFB5o

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。